麻布ペット http://azabupet.jp/

ウサギのご飯について知ろう②:ごはんの種類

前回の記事ではウサギのご飯について広く勉強しました。

今日はウサギのご飯の種類と特徴について勉強しましょう!

【牧草】

牧草はウサギにとって大事な繊維質が豊富に含まれており、歯の摩耗を促進するなどウサギの主食として適しています。
ただし、その分美味しさはイマイチです。

牧草はその時々によって色・味・触感にムラが出るので、様々な物を試してみると、そのウサギの好きな牧草があるかもしれません。
また、牧草を与えると食餌を探したり、草を食むなどの自然な行動を促すことが出来ます。これにより退屈に起因する行動を減らし、ウサギの安心感を高めてあげる事が出来ます。
1歳までは高栄養なアルファルファ、1歳以降はチモシーなどをメインにするのが良いでしょう。
(1歳以降にアルファルファを多量に給仕すると消化不良で腸内にガスがたまる事があります。)

【ペレット】

続きを読む

もしもの為に知っておく「ペットの夜間救急」!

ペットが夜間に体調を崩してしまうことは珍しくありません。

その時に利用する事になるのが夜間救急動物病院。

今回はもしもの時に慌てないように、夜間救急動物病院について知っていきましょう

 

目次

  1. ペットの夜間救急ってどんなところ?
  2. ペットの夜間救急はどんな子が来る?
  3. ペットの夜間救急の受診の仕方は?
  4. ペットの夜間救急のお値段は?
  5. 近くに夜間救急動物病院が無い時は?

 

ペットの夜間救急ってどんなところ?

ペットの夜間救急には大きく分けると3種類あります。

 

これらの施設では、獣医師と動物看護師が夜間に不調を訴えるペットとその飼い主様へ救急医療を提供しています。

 

ペットの夜間救急はどんな子が来る?

ペットの夜間救急に来院する代表的なものがこちらです。

  • 誤食:画鋲やチョコレートなど食べるべきでは無い物をたべてしまう。
  • 心臓病:心臓の機能不全により全身状態が悪化してしまう
  • 骨折:落下や交通事故などにより骨が折れてしまう
  • 発作:脳内や代謝の問題により神経症状を起こしてしまう
  • 心肺停止:様々な要因により呼吸と心拍が止まってしまう

他にも様々な主訴で夜間病院を受診されます。

当ブログでは夜間救急によく来る症例についても各ページで解説しています。

興味があるページがあれば是非参考にして下さい⇩⇩⇩

エキゾチックアニマルの夜間救急診察についてはこちら🖱

 

ペットの夜間救急の受診の仕方は?

では実際に夜間救急を受診する際にはどういう流れになるのでしょうか?

 

多くの病院では受診前の電話連絡をお願いしています。

電話口では以下の事を確認されることが多いです。

これにより病院側の受け入れの準備と必要な情報共有をする事ができるようになります。

その後病院に到着し、受付を済ませ診察という流れになります。

 

ペットの夜間救急のお値段は?

ペットの夜間救急の料金は高額になる事が多いです

受診料などで1万円以上になる事も珍しくなく、金銭的な負担は覚悟する必要があります。

 

近くに夜間救急動物病院が無い時は?

行ける範囲に夜間救急動物病院が無い地域で、夜間にペットが体調を崩して途方に暮れる飼い主様も多いです。

その際の選択肢としては

①近隣に夜間受け入れている一般の動物病院が無いか探す

夜間のオンライン相談で相談する

の二つが上がります。

麻布ペットクリニックで行っているペットの夜間のオンライン相談についてはこちら

 

【夜間救急動物病院 麻布ペットクリニック】

東京都港区の麻布ペットクリニックでは夜間救急外来を受け付けています。(20:00-04:00)

また、遠方の方のオンライン相談も受け付けています。(上記と同時間帯)

夜間のペットさんの異常の際には是非お力にならせて下さい。

 

オンライン相談は公式LINEから

救急外来の来院前にはお電話を!
03-6441-2257

動物看護師監修🍖ペットフードの選び方③🐡

ペットフードの選び方①ペットフードの選び方②をお読みいただいてからこちらの記事を読んでいただくとより理解が深まると思います。

今回のペットフードの選び方③では、原材料についてお話ししたいと思います。

 

ドッグフードやキャットフードなどのいわゆるペットフードは、ペットフード安全法という法律で表示が義務付けされています。

商品ラベルを見れば何が入っているのかを、飼い主様がきちんと把握できるという事ですね。

よく問題に挙がるのが添加物についてだと思います。

添加物に関しては少なければ少ないほうが良いという方もいらっしゃると思いますが、やはり長期保管する事も多いため、一定量の添加物は必要なのではないかという意見もあります。

製造工程でどうしても減ってしまうビタミンなども添加することで必要量を与えられるため最低限は必要な事が多いようです。

また、プレミアムドッグフードやプレミアムキャットフード、グレインフリーやヒューマングレードのペットフードは使用している原材料は素晴らしいと思いますが、毎日与えるとなるとなかなか高額な費用が発生してきます。

費用と安心・安全のバランスが取れるペットフードを選ぶのが良いですね。

 

手作りフード

最近では手作りフードの人気も高くなっています。

手作りフードの利点は、何といっても原材料が明確に分かっている安心感ですよね。

注意点としては、栄養の調整が難しいため必要な栄養素が足りない可能性がある事だと思います。

食材や調理方法など、偏りがないか、中毒性の食材を使っていないか注意していきましょう。

アレルギーについて

食事で悩むのがアレルギーがある子だと思います。

アレルゲンの検査で数値が高い=アレルギーが発症しているという事ではありませんが、気になるのは確かですよね。

対策としては、

・アレルギー物質を含まない原材料を使っているものを選ぶ

・アレルゲンとして認識されないよう、タンパク質をアミノ酸レベルまで分解されたフードを使う

といった事が挙げられます。

最近ではアレルギーの子用に開発されたフードも種類が多くなってきているので、どれが身体に合っているのかを少量ずつ試しながら身体に合った食事を選びたいですね!

 

いかがでしたか?

今回はペットフードの原材料についてお話しさせていただきました。

麻布ペットクリニックでは様々なお悩みの相談も受けております。

ご相談は麻布ペットクリニックのオンライン相談でも受け付けています。

QRコードからもお友達登録できます。是非ご利用ください!

「ペットの予防医療」をすべき理由とその種類とメリット

大事なペットさんには痛い思い・つらい思いはできるだけしてほしくないですよね。

そこで大事になってくるのが”予防”です。

しかし「ペットの予防医療」といわれてもピンとこない方も多いかもしれません。

今日はそんなペットの予防医療について勉強していきましょう!

予 防 医 療 ?

 

目次

  • ペットの予防医療とは?
  • ペットの予防医療はなぜ大事?
  • ペットの予防医療にはどんな種類がある?
  • ペットの予防医療に保険はきくの?

 

ペットの予防医療とは?

健 康 を 維 持 す る 病 気 を 未 然 に 防 ぐ 0

予防医療は

「健康の維持や、病気を未然に防ぐこと、病気の再発を防ぐことを目的として、自宅での行動を改善したり、病院で処置・処方を受けたりすること」

と説明されることが多いです。

健康の維持や病気の予防の為に行う行為

と考えるといいかもしれません

 

ペットの予防医療はなぜ大事?

ではなぜペットで予防医療が大事なのでしょうか?

理由はいくつかありますが、その一つとしては、国内にペットに感染する怖い病気が存在する事が挙げられます。

また別の理由として、「予防を行うことで高い確率で防げる病気」が存在するのも理由の一つです。

それらの病気では予防によるリスクよりも病気を防ぐメリットが大きいと考えられている為、予防が推奨されています。

 

ペットの予防医療にはどんな種類がある?

では、予防医療にはどんな種類のものがあるのでしょうか?

多くの物が該当しますが、ここではその一例を列挙します

などです。

リンクがあるものは詳しいブログ記事へと飛べるので、良ければそちらも見てみてください。

 

ペットの予防医療にペット保険はきくの?