050-5491-7200 総合電話受付(電話受付9時~18時※全店無休)
麻布ペットクリニック
English
Japanese
ご予約

ペットシッター/金恵瞳(Kim Keito)

資格
一般社団法人日本ペット技能検定協会認定 ペットシッター

今まで一緒に生活してきた家族
ミニチュアダックスフンドのオス、カメ、金魚、カイコ

【ペットシッターになった経緯】

幼い頃から動物がとにかく大好きで、野生動物保護に携わりたいという思いから、大学では環境開発学部にて気候変動など環境破壊に関わる分野を学びました。また、キャンパス内に動物保護区域があるオーストラリアのラトローブ大学に交換留学し、動物保護や動物の行動学について専門的に学びました。
大学卒業後はSDGsに力を入れている大手外資系企業に就職しました。人間が生活していくためにモノをつくることはやめられないが、製品をつくる工程や配送方法を工夫して、より環境に優しい生産・消費を行うことで環境保護に貢献できるのではないかという思いから、環境負荷基準を厳しく設けている企業を選びました。

しかし、業務中に17年間連れ添った愛犬のミニチュアダックスフンドが亡くなったことをきっかけに、犬猫の保護やペットの幸せという事柄により関心が向くようになりました。
「動物が好き!」という愛情だけではなく、より専門的に犬の生態などについて学びたいと思いペットシッターの資格を取得しました。資格を取るうちに、実際にペットシッターとなって経験を積みたいという思いが強くなり、麻布ペットに入りました。
日本がもっと犬や猫を飼いやすい、ペットに協力的な環境になれば、より多くの人が積極的に保護するようになり、殺処分されずに助かる命が少しでも増えるのではないかと思います。そのような犬猫を飼いやすい環境づくりに貢献できる仕事の一つがペットシッターだと思っています。

【心がけている事】

仕事を行う際は、淡々と業務を遂行するというよりも、動物たちとの対話をまずは大切にしています。特に初めてお会いする際は、きちんと打ち解けあってからお世話に入ります。何者かもわからない人にごはんやお散歩に連れて行かれたら不安に感じると思うからです。きちんとオーダー通りのお世話をすることはもちろん、少しでも動物たちに楽しい時間を過ごしてほしいと思い、日々励んでおります。

その他 スタッフ一覧