未分類

猫が変な声で鳴いている・・・これって病気?

今回は猫ちゃんが変な声で鳴いている時に考えられる病気を紹介します。

病気以外の可能性もあるため、そちらに関しても紹介したいと思います。

目次

・猫はどんな時に鳴くのか

・病気ではないケース

-クラッキング

-発情期

・病気を疑うケース

-元気・食欲がない

-呼吸が荒い

-明らかに普段と違う状態

・気になったら病院へ

 

・猫はどんな時に鳴くのか

嬉しい時や食事が欲しい時、飼い主さんを探している時

このような時は飼い主さんの顔を見ながらニャーニャーと鳴く事が多いです。

またよく歩き回り元気があります。

・クラッキング

外の小鳥を見つけた時にクラッキングと呼ばれる鳴き方をする時があります。

クククッやカカカッというような鳴き方に聞こえる事が多く、獲物を狙って言う時や、獲物を狙いたくてうずうずしている時にこのような鳴き方をする事があります。

 

・発情期

発情期には雄猫も雌猫も一日中鳴いている事があります。

落ち着かずに家中をウロウロしていて、食事もあまりとらない事もあります。

雄猫であればスプレー行動、雌猫であれば身体を何かにこすりつけたりお腹を出してクネクネ動いたりします。

良く分からないタイミングで暴れたり、夜中ずっと鳴き続ける事もあります。

・病気を疑う症状

では、実際に病気を疑う時はどんな時でしょうか?

・元気・食欲がない

普段と比べて明らかに大人しく、ずっと苦しそうに鳴き続けている時は病気を疑うべきでしょう。

また、普段の好物を与えてみて食べないというのも病気の可能性があります。

 

・呼吸が荒い

大人しくしているのにいつもと比べて呼吸が早かったり、呼吸が深かったりすると病気の可能性があります。

普段大人しくしている時の呼吸の様子をしっかりと見ておきましょう。

 

・明らかに普段と違う状態

ふらついていたり、何度もトイレに行く(出ていない)、トイレの最中に何度も鳴く、血尿、頻回の嘔吐、下痢、よだれが出ている、などなど、普段の様子と明らかに違う時は病気であるため病院に行くようにしましょう。

いつもと違う時は病院へ行くを徹底しておけば、いざという時に早期発見に繋がり、早期治療となります!

連れて行こうか迷う・・・という時は、当院ではオンライン相談も行っております。

是非ご活用ください。

 

麻布ペットクリニックでは夜間診療を受け付けています。

LINEからは夜間のオンライン相談も行っております。

いざという時の為に、宜しければお友達登録お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

🎍2022年、明けましておめでとうございます🎍

 

🎍皆様明けましておめでとうございます🎍

 

4月に麻布ペットクリニックをオープンしてから初の新年となりました。

皆様のお力添えのおかげで無事元旦を迎える事が出来たと思います。

これからも皆様のお力になれるように努めて参ります。

 

今後とも麻布ペットクリニックを何卒宜しくお願い致します。

 

2022年 1月1日 麻布ペットクリニック スタッフ一同

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

冬でも油断は出来ない?犬猫のノミ・マダニの駆虫薬は冬でも必要?

近年ではノミやダニの対策をしっかりと行っている方も増えてきたと感じます。

そんな飼い主様からよく聞かれる事で、「冬はノミやマダニの駆虫薬をする必要がありますか?」と聞かれます。

以前は冬にはあまり活動していないと言われたノミ・マダニですが、近年ではどうなのでしょうか。

今回はそんな冬のノミ・マダニ対策についてお話しします。

目次

・ノミの生態
・マダニの生態
・冬の駆虫薬は必要?

 

ノミの生態

体長は1㎜~3㎜程度ですが、ジャンプ力が非常に高く15㎝程度ならジャンプすることが可能です。

普段は草むらや地面にいるノミですが、動物が近くを通るとジャンプして人や動物の体に飛び乗って寄生するわけです。

ノミは種類にもよりますが、2~3日程度で卵を産むくらいまで繁殖します

そして3週間もあれば孵化から成虫まで成長してまた卵を産んでいくという事になります。

また環境中でも生きる事が可能で、この環境中というのは例えば自宅のカーペットや畳の中でも生きていける生き物です。

室内では冬に暖房や床暖房、ストーブなど室内を温めている方は多いかと思います。

そのためノミが活発化する温度になっていて冬でもノミに刺されるという事があります。

 

マダニの生態

マダニは春先~夏にかけて成虫が活発化し、雌は吸血後卵を産卵します。夏~秋には孵化した幼ダニが大発生し活動すると言われています。そしてそのまま越冬し春先から活動再開していきます。

マダニは13℃以上で活動すると言われているため、冬は基本的には活動していませんが、暖冬の影響もあり近年では1年中活動していると言われています。

また、室内や家の軒下や床下に潜む事もあるため、そういった場合は冬でも活動している場合が多いです。

 

冬の駆虫薬は必要?

以上の事から分かるように、現代では冬にもノミ・マダニの対策が必要となってきてます。

ノミもマダニも道端の草むらや身近な公園などにも生息しているため、いつ寄生されていてもおかしくありません。

しっかりと駆虫薬を使っていれば仮に寄生されても繫殖されることはありません。しかし駆虫が出来ていないと一度寄生されると繁殖されてしまします。

また、ノミもマダニも人にも寄生し吸血しますし、一度繁殖されると室内の完全駆除は困難を極めます。

ノミやマダニが媒介する病気もあり、人への被害も年々増えています。

冬にも駆虫薬を使って、一年中安心して生活していきましょう。

麻布ペットクリニックでは夜間診療・日中の往診を受け付けています。

LINEからは夜間のオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬や猫が爪切り中に爪から出血してしまった時

ご自宅で爪切りをしていて、誤って出血させてしまう時があるかもしれません。

今回はそんな時にどうすれば良いのかを解説していきます。

目次

・止血のやり方
・止血が終わったら
・止血後の注意点
・病院への受診を検討する時

止血のやり方

ご自宅で爪切りをする機会が多くある飼い主様も多いのではないでしょうか?

普段は大人しく切らせてくれる子でも、ふとした時に手先が動いてしまって爪を深く切ってしまう場合もあるかと思います。

そんな時は基本的には圧迫止血をして止血する形になります。

やり方としては、切ってしまった爪の先端、出血している爪の先をガーゼやティッシュを当てて抑えます。

5~10分程度やり続けると止血出来ている場合が多いです。

強さとしては人の皮膚を少し窪ませる程度の力で抑えます。

痛がる事もあるため、2人いる場合は一人があやしながらもう一人が指先を抑えると良いでしょう。

止血が終わったら

止血が終わってもすぐには洗わず、1時間程度経ってから洗いましょう。

洗うと言ってもゴシゴシ洗ったりせず、血が付いた場所だけ雑巾などで軽く拭き取るくらいにしましょう。

 

止血後の注意点

止血が終わってから、再度出血があるかどうか1~2時間はこまめに確認するようにしてください。

歩き方が変だったり、舐め続けたりする時は痛がっている可能性があるので、病院でみてもらうようにして下さい。

何度も出血してきたり、15分以上圧迫止血をしても出血が止まらない時も病院へ行くようにしましょう。

遊びまわったり、お散歩に行くのは1日ほど経ってからにして下さい。

また、今回は爪切りの最中に出血した場合の事を書きましたが、例えば何かに挟まれて爪の先から出血した場合でも、初期対応は同様で構いませんが、骨折していたりする事もあるため、爪切り以外での出血の場合は病院で診てもらう方が良いでしょう。

病院への受診を検討する時

爪切りの最中に誤って出血させてしまった場合で、圧迫止血で問題なく止血出来た場合はすぐに受診する必要はないでしょう。

病院への受診を検討するポイントとしては

・15分以上止血しても出血が止まらない

・歩き方がおかしい状態が続く

・化膿してくる

・落下や挟んで出血した場合

などの時は病院への受診をしておきましょう。

 

麻布ペットクリニックでは夜間診療・日中の往診を受け付けています。

LINEからは夜間のオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

⛄猫ちゃんの暖房器具の注意点⛄

日を追うごとに涼しくなってきましたね。

各ご家庭では冬の準備をされている方が増えてきたのではないでしょうか。

各ご家庭で様々な暖房器具をご準備されていると思います。

今日は猫ちゃんの冬支度の時に気を付けておきたいことを暖房器具ごとに書いてみました!

是非確認してみて下さいね!

目次

ー暖房器具ごとに気を付けたい事

・こたつ

・ストーブ

・電気毛布、電気カーペット(ホットカーペット)

・ゆたんぽ

・エアコン

ーその他、冬にやっておきたいこと

暖房器具ごとに気を付けたい事

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

🐦インコが食べてはいけない危険な食べ物とは!?

最近麻布ペットクリニックでもオカメインコやセキセイインコをはじめとした、様々な鳥さんが来院するようになりました。

インコ達が部屋を自由に飛び回れるようにする時間を作っている飼い主様は非常に多いかと思います。

しかし、自由に飛び回らせている中でインコ達が食べてはいけないものを口にするといった事もあります。

人間は食べても問題なくても、インコ達にとって猛毒になるものもあるため、気を付けなければいけません。

では実際にどのようなものがあるのか見てみましょう。

目次

食べてはいけない危険な食べ物

・チョコレート

・アボカド

・コーヒー

・ネギ類

・アルコール

・その他

もし食べてしまった場合

 

食べてはいけない危険な食べ物

チョコレート

チョコレートにはテオブロミンと呼ばれる中毒性物質が含まれています。

テオブロミン中毒になると嘔吐・下痢などの中毒症状やふらついたりよだれが出たり、痙攣発作を起こす神経症状が出る事もあります。

身体の小さいインコちゃんたちにとっては少量でも中毒症状が出る事があります。

特にビターチョコレートはチョコレートの成分が濃いため、わずかな量でも致死量になり得ます。

アボカド

アボカドが鳥たちにとって危険な食べ物だという事は最近認識されてきましたが、まだ知らない方も多いのではないでしょうか?

アボカドに含まれるペルシンという物質は鳥類にとっては猛毒になるため、非常に危険です。

ペルシンは実だけでなく、皮や種子にも含まれています。

また、加熱した際にも成分が揮発されそれを鳥達が吸い込むことでも中毒症状がでる事があります。

アボカドに触れた後は手を洗う、インコがいるスペースではアボカドを出さないなど鳥たちに触れるなど細心の注意が必要です。

症状は消化器症状の他、呼吸困難や肺水腫、昏睡状態になるなど様々な症状を呈します。

非常に危険な食べ物なので、持ち込まないようにするのが一番の対策となります。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインにはインコにとって危険な成分になります。

こちらも摂取するとふらつきや痙攣発作、よだれが出るなどの神経症状を呈します。

酷い場合は呼吸障害や心臓などにも作用するため非常に危険な物質になります。

ネギ類

長ネギやニンニク、ニラなどは中毒物質が含まれているため危険と言えます。

文献や実験の結果としてネギ類が明確に危険だと判明しているわけではないですが、ヒト以外の動物全般的に赤血球破壊を起こして溶血してしまうなど、中毒成分であるため鳥たちにとっても危険性が高い身近な植物と言えるでしょう。

アルコール

アルコールをインコ達に飲ませる人はいないと思いますが、放置していたお酒や、アルコールが入っているお菓子を食べてしまったりする事もあります。

また、アルコールは常温でも気化していくためアルコールを扱う空間にいるだけで中毒症状になってしまう事もあります。

インコがいる空間にアルコール製品は絶対に持ち込まないようにしましょう。

 

その他

人間が食べる料理やお菓子、加工食品は基本的に糖分や塩分が多く含まれています。

身体の小さいインコ達にとっては一口でも相当な量の糖分や塩分と言えます。

ヒトが食べる料理などは放置しない。

人が食べ物を食べている最中は小屋に入れておく事を徹底しましょう!

もし食べてしまった場合

中毒がある食べ物を食べてしまった場合は、早急に動物病院へ行く必要があるでしょう。

早急に治療することで悪化を防ぐ事に繋がる場合があります。

 

麻布ペットクリニックではインコちゃんの夜間診療を受け付けています。

LINEからは夜間のオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

🐇うさぎの飼育管理~秋冬編~🐇

だんだんと涼しさが増すこの季節。

うさぎさん達も冬毛に変わってくる季節かなと思います。

うさぎは寒さには比較的強い動物ですが、若齢や高齢、病気を抱えている子は特に注意した方が良いでしょう。

寒くなってくるとうさぎさんの体調を崩さないよう飼育する際に注意することがあります。

どんな事に注意しなければならないのか、見ていきましょう。

目次

・環境を変えるときは少しずつ

・寒さ対策

①エアコン

②電気ヒーター

③毛布をケージに被せる

④巣箱の設置

・寒さ対策をするときに注意する事

・まとめ

・環境を変えるときは少しずつ

うさぎは極端な環境変化を嫌います。環境が変わる事によるストレスで体調が悪くなる事もあります。

なので環境を変えるときは、うさぎさんの様子に注意しながら少しずつ変化させていきましょう。

暖房器具が必要だからと、色々なものを一気に使うのではなく、ひとつ足したらしばらく本人の様子を観察して食欲や元気さに問題がないか1週間程度様子を見るのが良いでしょう。

 

・寒さ対策

①エアコンで温度調整

うさぎさんの適温は19℃~24℃、湿度は40~60%と言われています。

エアコンでこの設定にしておけば、大きく外れる事は少ないと思われます。しかし、エアコンで認識している温度と実際の室温では開きがある可能性があります。

また、エアコンで認識している温度は人の高さに合わせているため、実際にうさぎさんの高さまで温かさが届いているか分かりにくい事があります。

そのため、温湿度計を部屋のなるべく低い位置に設置してうさぎさんが暮らす場所の温度を確認することが大切です。

また、乾燥しやすい冬の季節は加湿器などを使用して湿度が40%以下にならないようにしましょう。

②電気ヒーター

床に敷くマットタイプの電気ヒーターは防寒対策では一般的なものになりました。

うさぎさんに使用するのであれば、コードがしっかりと保護されているうさぎ用のものがベストです。

また、温度調整できるものや高温低温と表裏で分かれているもの、赤外線でケージの外からでも温められるものなど様々なタイプがあります。

環境に合った使いやすいものを使用していきましょう。

 

③毛布をケージに被せる

特に夜間の冷え込む時間帯に行うと良いでしょう。

少し厚めの毛布をケージの上から被せてあげて、保温効果を与えるものです。

また、被せた際は少し隙間を開けて通気性を確保しておく方が良いでしょう。

④巣箱の設置

巣箱があることで、一定の保温効果があるので防寒に最適です。

巣箱を設置することはうさぎさんが安全だと認識してリラックスできる場所を作る事にもなるため、常にある方が無難でしょう。

食べても良いようにワラでできたものもあるので、そういったものを設置するのが良さそうです。

寒さ対策をする時の注意点

最初にも述べた通り、一気に環境を変えるのはうさぎさんのストレスに繋がる可能性があるため、少しずつ環境を整備してあげるのがベターでしょう。

保温器具はコードが付いているものが多い為、かじって感電しないように細心の注意が必要です。

特に、へやんぽをさせる時に目を離してコードをかじる事が多いと思います。

また、温かいからと温風が直接うさぎさんに当たらないようにしましょう。

温風を直接当て続けると体温が上がりすぎてしまい、熱中症になってしまう事もあるからです。

部屋の温度は適温を保ちつつ、温かい部分とそうでない部分を上手く分けていく方が良いでしょう。

まとめ

うさぎさんは比較的寒さに強い動物ですが、若齢や老齢、疾患があったりすると寒さで体調の悪化が急速に進むことがあります。

体調の変化はいつでも起こりうるため、防寒対策をすることが良いでしょう。

また、うさぎさんは環境の変化に敏感なので急に色々と変えるのではなく少しずつ変えていき環境に慣れる必要があります。

そのため、10月くらいから少しずつ環境を整えていく必要があるでしょう。

暑すぎるのは良くないため、温かい所と快適環境温度の両方を作っておき自由に行き来出来るようにすると、うさぎさんが判断して移動できます。

 

麻布ペットクリニックでは夜間診療・日中の往診を受け付けています。

LINEからは夜間のオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

猫ちゃんが震えている時に考えられる病気とは?

猫ちゃんが急に震える時は心配になりますよね。

今回は猫ちゃんが震えている時に考える病気や原因を確認していきましょう。

 

目次

・考えられる病気

・病気以外の事

・まとめ

考えられる病気

胃腸疾患

胃や腸の痛みや違和感によって起こるものです。

嘔吐や下痢があるようならばすぐに病院に行くべきですが、震えがあるだけの時はしばらく様子をみてみましょう。症状が続くときは動物病院に相談しましょう。

 

痙攣発作

痙攣発作で震えている場合があります。

痙攣発作ではよだれが出ていたり、意識状態が変だったりします。

歩き方がおぼつかない様子があったり、ぐったりしていたりすることが多いです。

このような症状の時はすぐに病院に行く方が良いです。

痙攣発作の原因は低血糖や肝不全、腎臓病や脳疾患、中毒などがあります。

また、痙攣発作では激しいバタつきが見られることもあります。

 

痛み

猫ちゃんは痛みがある場合に、震えてうずくまっている事があります。

足が痛かったり、腰が痛い場合にうずくまって震えている事があります。

加齢によるものの他に、捻挫や打撲などの場合があります。

さっきまで走り回っていた場合などは走っている最中や、ジャンプした際に痛めた可能性が高いです。

他にも、腹部の痛みがある可能性もあるでしょう。

先にあげた胃腸の疾患や腎臓や肝臓の疾患などです。

特に猫ちゃんは腎臓や泌尿器の病気を抱えやすいため、場合によっては病院で診てもらう事も検討しましょう。

元気がなくなったり、吐き気や下痢があったりなど震え以外の症状がある場合は病気を疑った方が良いかもしれません。

病気以外の事

ストレス

猫ちゃんは環境の変化にあまり強くありません。音や匂いに敏感なので、エアコンの駆動音やアロマの匂い、

工事などで大きな音が続いたり、知らない人の声がずっと続くとストレスにより震えている事があります。

 

寒さ

基本的に猫ちゃんは寒さで震える事はないと言われています。

しかし、高齢などになると温度などへの反応が鈍くなるため、本来なら寒ければ自分で快適な場所に移動しますが、高齢になると気温を感じにくくなり自分で移動する事をしなくなります。念のためエアコンの温度が低すぎないか確認してみましょう。

まとめ

震えがあるときはまずは動画で様子を撮影しましょう。

震えがあるところのアップや、顔の様子、身体全体の様子が映っていると判断する手助けになります。

そして、動物病院に行った際に動物病院の先生に確認してもうらうのが良いでしょう。

身体の震えの原因は多岐にわたります。

見ただけでは判断できない事がほとんどです。

不安な状態が続くのは飼い主様にとっても、動物にとっても良い事ではありません。

当院では夜間の救急診療以外にも、夜間オンライン相談を行っております。

病院に行こうか悩んでいる方への相談や、どうすれば良いのかのアドバイスもさせていただきます。

お気軽にご活用ください。

麻布ペットクリニックでは夜間診療・日中の往診を受け付けています。

LINEからは夜間のオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

猫ちゃんの血便!!血便の種類と考えられる病気とは?

猫ちゃんが急に血の付いた便、いわゆる血便をしてしまう事があります。

今回はそんな時に考えられる病気や、その時にどうすれば良いかを解説していきます。

 

目次

・血便の種類

-普通の便に薄く血が付着している

-下痢や粘膜便に血が付着している

‐黒色タール便

・血便の原因

-ストレス

-病気

-寄生虫

-異物接種

-中毒

・まとめ

血便の種類

血便は主に3種類に分けられます。

①普通の便に薄く血液が付着している。

形がしっかりとしている便に鮮血もしくは薄赤色の血が付いている場合があります。

このような時は便が硬すぎないか?もしくは力んでいる時間が長すぎないか?肛門から持続的に出血がないかなどを確認しましょう。

基本的には一時的なものの可能性が高いですが、継続的に続くようならば病院で検査を受ける方が良いでしょう。

また、排便時に長時間力んでいないか、便が硬すぎないかチェックしましょう。

 

②下痢や粘膜便に血が付いている便

便自体が緩かったり、半透明の粘膜が出ている便に、鮮血が付着しているケース。

腸に何らかの病気を抱えていたりするケースもあるため、病院での検査をおすすめします。

 

③黒色タール便

便全体が赤黒い色をしており、下痢状の便を指します。

活性炭と呼ばれる、炭が入った物を食べた後に黒色便をしますが、そういった事がなく黒色でタール状の便をしていた時はすぐに病院に行くべきです。このような便をしたときは、元気もない時が多いです。

便検査のみではなく、全身検査を行う方が良いでしょう。

原因

血便の原因はいくつかあります。

ストレス

猫ちゃんは環境の変化にはあまり柔軟ではありません。

慣れない人が来たり、食事が変わったりするだけでもストレスで調子が悪くなってしまう子もいます。

ゆっくりと慣れさせてあげる事が、猫ちゃんにとっては良いですね。

病気

血便を起こしてくる病気は数多く「血便があるからこの病気」とは言えません。

しかし血便を呈する症状でよくある病気では、胃腸疾患や肝臓病などの消化器疾患や腫瘍により血便が起こる事があります。

また熱中症や、多臓器不全を起こしてしまった時にも起こります。

このような時は黒色タール便や下痢便をしている事が多いです。

このような時は非常にぐったりしており、意識状態もかなり悪いです。

すぐに病院に行かなければ命の危険があります。

それ以外にも、病気の時は元気や食欲がなくなったり、嘔吐があったり、血便以外の症状が見られることも多いです。

寄生虫

病気と関連しますが、腸などのお腹に寄生虫が寄生することにより血便が起こる事があります。

線虫類や回虫類、鉤虫や瓜実条虫など寄生虫の種類は多岐にわたります。

成猫では下痢などの症状を呈することは多くないですが、鉤虫に寄生されるとタール状の便が出ます。

また、幼齢の子では下痢もよく見られます。

異物接種

プラスチックやひも状異物を誤って食べる事で、腸が傷付き血便が出る事があります。

特に普段から異物をかじりやすい子がいる場合は、身の回りで無くなっているものがないか確認しましょう。

中毒

異物接種に関連しますが、中毒性のものを食べる事で血便をすることがあります。

ネギ類やチョコレート、殺鼠剤などの薬品類、観葉植物など身近にあるものでも危険なものが多数あります。

普段の猫ちゃんの行動を観察し、こういったものは猫ちゃんの行動範囲に置かないように注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

一言で血便と言ってもいくつか種類があります。

また原因は多岐にわたり、特に病気が原因の時は様々な検査をしなければ見つからない事も多いです。

普段の猫ちゃんの様子をしっかりと観察してあげる事で防げたり、早期発見が可能になる事も多いです。

少しでもおかしいなと感じたら動物病院に相談するとより安心すると思います。

 

麻布ペットクリニックでは夜間診療・日中の往診を受け付けています。

LINEからは夜間のオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

フィラリア予防はいつまで続ければいいの?

こんにちわ!

暑い日が続いておりますね。

往診に行った先や、トリミングなどにこられたお客様から、このようなご質問を受けることがあります!

「フィラリア予防って、実際どのぐらいまで続ければいいんですか?」

「暑くなくなったら、フィラリア薬のまなくてもいいのではと思うんですが…」

 

そもそもフィラリア予防のお薬は

「フィラリアの幼虫をもっている蚊に刺されて、感染してしまっていても」

「1ヶ月に1回お薬を飲めば、その時点で駆虫されるので」

「大丈夫」

というお薬になります。

 

つまり…

9月ごろに暑くなくなったから、ということで飲むのをやめた時、もしまだ生き残っている蚊に刺されたとして、その蚊がフィラリアを持っていたら…

次の月に駆虫されず、感染してしまうことになります!

 

目安としては

東京であれば、10〜11月ごろまで

九州・沖縄など暖かい地域では、12月ごろまで(1年中飲まれる方もいます)

となります。

アウトドア活動が多いワンちゃんにも、長めに飲み続けることが多いです。

もちろん一番安全なのは、一年中飲み続けることです。

しかし、1年中飲み続けるのは大変ですよね?

 

最近は、一回注射するだけで1年間効果が持続するものもあります。

ライフスタイルによって、お薬を使い分けるといいでしょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0