往診

ワクチンシーズンに押さえておきたい「犬猫のワクチンアレルギー」

3月~5月はペットを飼育されている方にとってはワクチンシーズンですね!

動物病院もこの時期は繁忙期で診療時間の大半はワクチン含めた予防外来が多くいらっしゃいます。

 

毎年ワクチンを打つ時に獣医さんからよく聞く

「ワクチン打ってから30分程は近くで様子みてくださいね。」

「顔が腫れたり、調子悪くなったら夜間の病院にかかられてくださいね。」

 

こんな言葉をかけられた事がある方が多いのではないかと思います。

これがいわゆるワクチンアレルギーについての注意喚起なんです!

 

今回はワクチンシーズン真っ只中で押さえておきたい「ワクチンアレルギー」について解説します。

昨年の「ワクチンアレルギーについて」も合わせてお読みください。はこちらから。

※電話番号などが変わってますのでご注意ください。

 

 

ワクチンアレルギーとは

ワクチンを打つ事によって過剰な免疫反応が起こる事により軽度〜重度の症状を引き起こしてしまう事。

 

ワクチンアレルギーの症状

軽度(接種後約24時間以内)

・顔が腫れぼったくなる

・嘔吐

・皮膚が赤くなる

など。

 

重度(接種後約30分以内)

上記の症状と合わせて

・急にぐったりする

・呼吸が弱いまたは荒い

・立てない

など。

 

ワクチンアレルギーになってしまったら

すぐに動物病院へ🏃‍♂️

特に接種後30分以内に起こるアナフィラキシーショックは早期治療を行わなければ命を落とす可能性もありますので、接種後30分以内は近くで様子を見ましょう!

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

日中のワクチン接種からアレルギー症状が疑われる子や夜間でのワクチン接種希望の子まで

麻布ペットクリニックにお任せください。

当院へお気軽にお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬猫が誤食したら?動物病院での治療法の一つ「催吐処置」

夜間救急動物病院には犬猫が誤飲・誤食してしまった事で来院する事は多々あります。

 

1ヶ月に1頭以上も誤食の犬猫の診療にあたる事があると回答した獣医さんは60%以上もいるそうです!

(2012年172人の獣医師172人に聞きました!アニコムホールディングス参照)

 

 

 

 

誤食をしてしまう事が多い事は今までの記事でもお伝えしてきましたが、実際に動物病院に行った場合どんな治療をするのでしょうか??

 

 

今日は誤食の治療の一つである「催吐処置」についてお伝えします。

 

 

 

催吐処置とは?

胃の内容物を体の外へ排出する事を目的に嘔吐を誘発させる事。

 

催吐処置の方法

当院では止血剤であるトラネキサム酸を静脈内に投与しています。

通常、止血剤として用いる薬を多量に投与する事で副作用としての嘔吐を引き起こします。

10~20分で嘔吐してくれる事がわんちゃんは多いです!

 

 

催吐処置の危険性は?

①嘔吐させて良いものか悪いものか?

②トラネキサム酸の副作用である痙攣発作についても理解しておく。

③基本的には食べて3~5時間以内が催吐処置対象とされています。

 

 

いかがでしたでしょうか??

催吐処置は誤食の際に多く使用されますがなるべくはさせたくないですよね。

誤食を未然に防ぐ事が1番と思います。

 

しかし、食べてしまった、誤食を見つけてしまった場合は当院へご相談ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

⭐︎ペット夜間オンライン相談開始⭐︎

12000

 

いきなりですが、この数字は日本全国にあるペットの動物病院の数を示しています。

 

それでは、日本全国にあるペットの夜間動物病院の数はいくつでしょう??

具体的な数は公表されていないものの、全体の数%にも満たないと言われています。

 

 

夜間動物病院の必要性

麻布ペットクリニックは東京都港区にある夜間救急動物病院です。

夜間救急病院は東京には複数ありますが、その他の県にはペットの夜間病院が無いという県も少なくありません。

「うちのペットは決まって夜間に体調を壊すんです・・・」

「ペットの急変時、隣の県まで連れて行くべきなのかの判断がつかない・・」

「病院には連れて行かないまでも、隣で専門家の意見を聞いておきたい・・・」

 

ペットは人間の子供同様、夜間に体調を崩す子が多く、またお仕事帰りにペットの体調変化に気づく場面も少なくありません。

上記のようなご意見を多数頂いてきた為、麻布ペットクリニックは夜間の間、全国の飼主様からのオンライン相談を受け付けています!!

オンライン相談使用方法

1.

麻布ペットクリニック公式LINEを友達登録し、公式LINEに「オンライン相談希望」とメッセージを送ります。

友達申請QRコード

2.

担当者がメッセージを確認、対応致しますのでそのままお待ちください。

3.

獣医師とリアルタイムでビデオ通話を使いながら、ペットの状態を見ながら相談が可能です。

 

詳しい説明はこちらにも

麻布ペットクリニックのオンライン相談

 

いかがでしたか??

日中はかかりつけ医に電話で相談出来るものの夜間は相談先がない!

という方はもしもの時のためにぜひご利用ください。

ご不明な点がございましたら、麻布ペットクリニックへお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ペットのノミ予防を再開しよう!

13℃

 

この温度と犬猫の寄生虫予防がどう関係してくるかご存知でしょうか?

 

今日はノミとその予防開始時期、そしてノミの病害についてお話します。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

🌸春の風物詩、フィラリア予防🌸

もうすっかり温かくなりましたね🌸

毎年春の風物詩といえば桜と入学式と花粉症。

そして

【狂犬病予防接種】【ノミ・ダニ予防の再開】【フィラリア予防の再開】

ですね(^^)

 

今日はその中でもフィラリア予防についてのお話です。

 

放置すると命に関わるフィラリアの寄生。

是非知っておいて下さい。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

往診・夜間救急の麻布ペットクリニックがオープン⭐︎

麻布ペットクリニックがオープン。

オープン初日から救急患者さんを対応しました!

院長 稲野辺 悠

 

麻布ペットクリニックの特徴

  • 夜間救急獣医師によるスピーディで的確な対応
  • 犬猫だけでなく、様々な種類のペットにも広く対応
  • かかりつけ医と連携し、検査・治療内容を共有
  • 年中無休で、夜間に対応

 

麻布ペットクリニックのオンライン相談

地域の飼主様だけでなく、遠方の動物達の力になりたい!

そんな想いから夜間オンライン相談を行います!!

オンライン相談は下のURLから登録していただき、

オンライン相談希望と送ってください。

麻布ペットクリニック公式LINE:https://lin.ee/55DyjdabY

 

麻布ペットクリニックの基本情報

診察形態:夜間救急・往診・オンライン相談・健康診断

診察時間:夜間救急、オンライン相談(20:00~4:00) 往診(9:00~21:00)

診察可能動物:犬、猫、うさぎ、モルモット、チンチラ、デグー

       各種小動物、蛇、カメ、トカゲ、カエル、魚類

アクセス:

  • 〒106-0041 東京都港区麻布台3-3-14 麻布台ハウス1階
  • 東京メトロ日比谷線「六本木駅」から徒歩5分
  • 東京メトロ南北線「麻布十番駅」から徒歩5分
  • 都営大江戸線「麻布十番駅」から徒歩5分
  • 首都高速都心環状線「一ノ橋JCT」近く

クリニックHP:麻布ペットクリニック


一つでも多くの命をすくえるように

皆様のご相談をお待ちしております。


麻布ペットクリニック スタッフ一同

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

狂犬病の予防接種についてのお話

こんにちは☀️

もうすぐ3月、ワンちゃんの予防シーズンが始まりますね。
いくつもスタートする予防の中でも、今日は狂犬病予防接種についてお話します。

【狂犬病とは?】

狂犬病は狂犬病ウイルスが神経を破壊する病気で、すべての哺乳類に感染します。
主に咬まれることで感染し、異常行動・痙攣・麻痺などの後に100%死亡します。

この恐ろしい感染症は70年前まで日本全国で発生していましたが、先人の努力により幸いにも現在国内では発生していません。

 

【なんで予防接種をするの?】

では、なぜ国内で発生していない病気のワクチンを打つのでしょう?

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

熱中症対策・口輪のつけっぱなしに注意!

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

マナーのため、お散歩のときに口輪をつけていらっしゃるワンちゃんがよくいらっしゃいます。

ですが、日中のおさんぽの際、口輪をつけたまま外を歩くのは…要注意です!

 

吠え防止などマナーのために口輪をつけたワンちゃん

 

ワンちゃんは、人間と違い汗をかいて体温を下げることができないため

「パンティング」といって、ハァハァ息をすることで体温を下げています。

パンティングをするワンちゃん

そのため、ハァハァできなくなる「口輪」「犬マスク」などの装着は、犬の体温を下げられなくなることにつながり、熱中症の危険が高まります!

・お散歩は、朝日がのぼる少し前か、夜の涼しい時間帯に!

・夏場は、口輪などの装着をさける

 

この二つを徹底し、愛犬を熱中症からまもりましょう♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

夏に多い、マラセチア外耳炎について

夏になると、耳の痒みに関するご相談が増えてきます。

「黒っぽい耳垢が大量にでてきて、すごくかゆがっていて…」

というものです。

ワンちゃんだけでなく、猫ちゃんでも見られます。

 

この場合に多いのが「マラセチア真菌症」です。

焦げ茶色〜黒っぽい、独特な匂いのある、タールのような耳垢が大量に出て、ワンちゃん、猫ちゃんが耳をかゆがる仕草をやたらするようになったら注意です。

マラセチア真菌は本来は酵母様真菌と言って、本来はあまり体に害を及ぼさないタイプのカビになります。

耳を痒がる、耳垢が一杯でる、と言った症状は、マラセチア真菌自体ではなく、異常発生してしまった耳垢によって引き起こされるものが殆どです。

湿気や季節性のアレルギー症状、そしてそこから皮膚炎などが原因となり外耳炎がおきて、耳垢が大量にでる。その残った耳垢がさらに外耳炎を起こす…という悪循環になります。

そこに、マラセチア真菌が異常発生するのです。そしてまた、悪循環に陥ります。

では、どのように治療をすればいいのでしょうか?

                        お家で洗う?

①耳をきれいにする

まずは耳を清潔に保つことです。

おうちでお耳掃除をする場合は、綿棒を使わないようにしましょう。

おうちで無理に綿棒を使って掃除してしまうと

・鼓膜を破ってしまう

・汚れを奥に押し込んでしまう

などのリスクが存在します。

おうちでのケアをする場合は、イヤークリーナーを優しくワンちゃん、猫ちゃんの耳に注ぎ、軽くマッサージをして、頭を振って出てきた汚れを軽くティッシュなどで拭き取るだけで十分です。

どれだけおうちでのケアが必要なのか、一度動物病院で診ていただくことをおすすめします。

②抗真菌点耳薬を使う

異常発生したマラセチア菌を減らすために、お薬を使いましょう。

お薬は、動物病院できちんとしたものを処方してもらうようにしましょう。

最近は、1回の投与で1週間効くお薬などもあります。

耳を清潔にしてから、お薬を投与するほうが効果的です。

病院の先生に相談しましょう。

麻布PETクリニックでは、おうちでのお耳のケアのご相談、外耳炎のもととなるアレルギー治療についてのご相談もうけつけています。

お気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

猫ちゃんが室内で熱中症?クーラーと扇風機の使い分けのお話

8月に入り、暑い夏が始まりましたね!

 

7月に熱中症のお話をさせていただきましたが、猫はどうなのか、というご質問をいただきました。

「室内で自分で気持ちの良いところに移動すると聞いたから、ある程度放っておいても大丈夫?」

「扇風機だけかけておくのではやはりダメですか?」

…などのご質問です。

 

ワンちゃん、猫ちゃんには人間のような汗腺が足(肉球)にしか存在せず、体温調節があまり上手ではありません。

 

確かに猫ちゃんはワンちゃんに比べ、ひとつのところにとどまるよりは自分で気持ちのいいところを探すのが得意な子が多いです。また、ケージで1日を過ごすということもあまりないので、暑いところから出られなくて熱中症になる、というケースもワンちゃんに比べると少ないと言われています。

 

しかし、扇風機だけでは、汗をかかない動物さんたちは汗による体温調節をすることができないため、意味のない暑さ対策となってしまいます。

エアコンの涼しい空気を部屋に行き渡らせる役割としての扇風機は問題ありませんが、暑さ対策としての扇風機はNGとなります。

必ず、夏場はエアコンを使用するようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0