大事なペットさんには痛い思い・つらい思いはできるだけしてほしくないですよね。

そこで大事になってくるのが”予防”です。

しかし「ペットの予防医療」といわれてもピンとこない方も多いかもしれません。

今日はそんなペットの予防医療について勉強していきましょう!

予 防 医 療 ?

 

目次

  • ペットの予防医療とは?
  • ペットの予防医療はなぜ大事?
  • ペットの予防医療にはどんな種類がある?
  • ペットの予防医療に保険はきくの?

 

ペットの予防医療とは?

健 康 を 維 持 す る 病 気 を 未 然 に 防 ぐ 0

予防医療は

「健康の維持や、病気を未然に防ぐこと、病気の再発を防ぐことを目的として、自宅での行動を改善したり、病院で処置・処方を受けたりすること」

と説明されることが多いです。

健康の維持や病気の予防の為に行う行為

と考えるといいかもしれません

 

ペットの予防医療はなぜ大事?

ではなぜペットで予防医療が大事なのでしょうか?

理由はいくつかありますが、その一つとしては、国内にペットに感染する怖い病気が存在する事が挙げられます。

また別の理由として、「予防を行うことで高い確率で防げる病気」が存在するのも理由の一つです。

それらの病気では予防によるリスクよりも病気を防ぐメリットが大きいと考えられている為、予防が推奨されています。

 

ペットの予防医療にはどんな種類がある?

では、予防医療にはどんな種類のものがあるのでしょうか?

多くの物が該当しますが、ここではその一例を列挙します

などです。

リンクがあるものは詳しいブログ記事へと飛べるので、良ければそちらも見てみてください。

 

ペットの予防医療にペット保険はきくの?