夜間救急

症例紹介:犬用ケーキを食べて下痢をしたヨークシャテリアさん

今回は夜間救急にどんな動物が来るのか、飼い主様に掲載協力を頂いた症例を紹介していきます。

症例紹介

患者は1才のヨークシャテリアさん。

3日前、誕生日の記念に犬用のケーキを与えたところ、それ以降元気がなく、今日下痢をしたとの主訴で来院。

以前からしばしば下痢をしており、その際はかかりつけ医様でお薬を貰い良くなっているとの事。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

猫が苦しそうに口を開けて呼吸している時の、考えられる原因や病気

猫が口を開けて苦しそうにハァハァと深い呼吸をしている

もしくは浅くて速い呼吸をしている

 

こんな時、何が原因として考えられるでしょうか?

実はこういった症状は救急でもよく目にします。

 

今回は、呼吸の荒い猫さんで考えられる主な原因を挙げていきます。

①呼吸器疾患

一番多いものが呼吸器(肺や気管、気管支)の病気が原因で呼吸が苦しくなっている事です。

原因としては肺炎や気管支炎、胸水が溜まっている事が多いです。

出来る限り早めに治療をしないと死亡する可能性もある怖い病気です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

症例紹介:玉葱を誤食し塩を飲ませてしまったベルジアングリフォン

今回は夜間救急にどんな動物が来るのか、飼い主様に掲載協力を頂いた症例を紹介していきます。

 

【注意】

本記事には嘔吐物の写真があります。

苦手な方はご覧にならないようにお願い致します。

 

症例紹介

患者は5歳のオスのベルジアングリフォンさん。

玉葱を食べてしまい、慌てた飼い主さんが吐かせる為に塩を飲ませてしまった。

しかし吐かなかったとの事で来院。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

症例紹介:ハムスターのサクランボの種誤食

今回は夜間救急にどんな動物が来るのか、飼い主様に掲載協力を頂いた症例を紹介していきます。

 

症例紹介

患者は1才10カ月のゴールデンハムスターさん。

飼い主さんが誤ってサクランボの種をハムスターの手が届く所に置いてしまい、ハムスターがほお袋に入れてしまったとの主訴で来院。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

症例紹介:胃腸うっ滞が再発したウサギ

今回は夜間救急にどんな動物が来るのか、飼い主様に掲載協力を頂いた症例を紹介していきます。

症例紹介

患者は1才のオスのウサギさん(ネザーランドドワーフ)です。

2週間前に胃腸うっ滞とかかりつけ医様で診断され、お薬を1週間飲み、その後は問題なく過ごしていました。

しかし、今日夕方から食欲と元気がないとの事で救急を受診されました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

症例紹介:チンチラの喧嘩と断指術

今回は夜間救急にどんな動物が来るのか、飼い主様に掲載協力を頂いた症例を紹介していきます。

【注意】

これから先には指の痛々しい写真が載っています。

ケガや血が苦手な方はご覧にならないようにお願い申し上げます。

症例紹介

患者は8ヶ月のオスのチンチラさん。

新たに他のチンチラを家族に迎え、同居させたところ喧嘩になり、噛まれた指の先から血が出ていとの主訴で来院。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

~猫の足が痙攣(けいれん)している!?~

猫ちゃんの足がけいれんしている!?

 

今回は猫の足がぴくっぴくっと痙攣(けいれん)しているような症状があるときに、病気なのか生理的なものなのか、考えられる病気やその時にやる事についてお話ししたいと思います。

 

病気かどうかの見分け方

猫の肢がぴくっぴくっと2~3回程度動き、本人の意識の状態や呼吸の状態に問題がない時は、生理的なもので病気によって引き起こされた可能性は低いと考えられます。

では、病気の可能性を考慮する時はどのような時かというと

◇ぴくっぴくっという症状⇒バタバタと激しい発作になる

◇走るような動きを繰り返す

◇ぴくっぴくっという症状がずっと続く(5分以上)

◇肢だけでなく、全身が引きつるようにのけ反っている

◇意識の状態が低下していて、反応がほとんどない

◇失禁や脱糞、よだれが出ている

◇呼吸が荒く、全身を使って大きく呼吸している

といった症状が代表的な症状になります。

このような症状が起きた時にはすぐに病院に電話して連れて行くようにしましょう。

症状の説明が難しい事が多くあります。

また、動画を数秒でも撮っておくことで、獣医師の判断の助けになります。

 

 

考えられる病気は?

〇脳の疾患

脳の腫瘍、脳炎、てんかんなど

 

〇脳以外の疾患

肝臓病(腫瘍など)、腎臓病(急性腎障害など)、中毒、低血糖など

 

予防できるの?

明確に発作を予防するために出来る事は非常に限られ、原因や個体によりさまざまです。

獣医師と一緒に予防できる原因なのか、悪化させないために何をするべきかを話し合う必要があります。

 

麻布ペットクリニックでは、夜間救急診療もしているので、夜間に急にけいれんが起きてしまった時はご連絡いただいた上で救急対応致します。

けいれんなのか判別が出来ない、遠方の方であれば、夜間オンライン相談も行っております。

 

麻布ペットクリニックでは夜間診療・日中の往診を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

もしもの為に知っておく「ペットの夜間救急」!

ペットが夜間に体調を崩してしまうことは珍しくありません。

その時に利用する事になるのが夜間救急動物病院。

今回はもしもの時に慌てないように、夜間救急動物病院について知っていきましょう

 

目次

  1. ペットの夜間救急ってどんなところ?
  2. ペットの夜間救急はどんな子が来る?
  3. ペットの夜間救急の受診の仕方は?
  4. ペットの夜間救急のお値段は?
  5. 近くに夜間救急動物病院が無い時は?

 

ペットの夜間救急ってどんなところ?

ペットの夜間救急には大きく分けると3種類あります。

 

これらの施設では、獣医師と動物看護師が夜間に不調を訴えるペットとその飼い主様へ救急医療を提供しています。

 

ペットの夜間救急はどんな子が来る?

ペットの夜間救急に来院する代表的なものがこちらです。

  • 誤食:画鋲やチョコレートなど食べるべきでは無い物をたべてしまう。
  • 心臓病:心臓の機能不全により全身状態が悪化してしまう
  • 骨折:落下や交通事故などにより骨が折れてしまう
  • 発作:脳内や代謝の問題により神経症状を起こしてしまう
  • 心肺停止:様々な要因により呼吸と心拍が止まってしまう

他にも様々な主訴で夜間病院を受診されます。

当ブログでは夜間救急によく来る症例についても各ページで解説しています。

興味があるページがあれば是非参考にして下さい⇩⇩⇩

エキゾチックアニマルの夜間救急診察についてはこちら🖱

 

ペットの夜間救急の受診の仕方は?

では実際に夜間救急を受診する際にはどういう流れになるのでしょうか?

 

多くの病院では受診前の電話連絡をお願いしています。

電話口では以下の事を確認されることが多いです。

これにより病院側の受け入れの準備と必要な情報共有をする事ができるようになります。

その後病院に到着し、受付を済ませ診察という流れになります。

 

ペットの夜間救急のお値段は?

ペットの夜間救急の料金は高額になる事が多いです

受診料などで1万円以上になる事も珍しくなく、金銭的な負担は覚悟する必要があります。

 

近くに夜間救急動物病院が無い時は?

行ける範囲に夜間救急動物病院が無い地域で、夜間にペットが体調を崩して途方に暮れる飼い主様も多いです。

その際の選択肢としては

①近隣に夜間受け入れている一般の動物病院が無いか探す

夜間のオンライン相談で相談する

の二つが上がります。

麻布ペットクリニックで行っているペットの夜間のオンライン相談についてはこちら

 

【夜間救急動物病院 麻布ペットクリニック】

東京都港区の麻布ペットクリニックでは夜間救急外来を受け付けています。(20:00-04:00)

また、遠方の方のオンライン相談も受け付けています。(上記と同時間帯)

夜間のペットさんの異常の際には是非お力にならせて下さい。

 

オンライン相談は公式LINEから

救急外来の来院前にはお電話を!
03-6441-2257

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

夜間の動物病院によく来るハムスターの病気4選☆

ペットとして人気の高いハムスター!

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターなど色々な種類が飼育されてます。

 

 

『ハムスターが夜間に体調を崩したら?』

ハムスターを飼っている皆様は心配に過ごしているのではないでしょうか?

 

そこで今回は「夜間病院によく来るハムスターの病気や症状4選」をお伝えします!


 

 

下痢症状

  • 感染症:細菌性胃腸炎、寄生虫など。
  • 異物誤食:床材やおもちゃなどの誤食。
  • 不適切な食事:時間が経った食事や水分・栄養過剰の多い食事など。
  • アミロイドーシス

 

歩き方がおかしい

  • 骨折:落下や回し車での事故など。
  • 外傷による打撲:落下や他の動物との接触など。
  • 絞扼:紐上の物が足に絡まる事が原因。

 

発作

  • 心不全
  • 低血糖
  • 神経疾患など

頬袋脱

  • 外傷:頬袋を傷つけやすい食事など。
  • 腫瘍など

 

 

いかがでしたでしょうか?

次回はハムスターの病気に対しての検査や治療をお伝えしていきます。

お楽しみに。

 

 

 

麻布ペットクリニックではエキゾチックアニマルの夜間診療を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

腎臓病、熱中症疑いのパンサーカメレオン🦎

【患者】

パンサーカメレオン

4歳の♂(繁殖歴なし)

EUCB(チェコ繁殖個体)

 

【病気の経過】

3日前より極度の脱水、食欲、活動性が70%まで低下。

飲水や排泄は便尿共に良好。

来院当日は真っ白くなり、うずくまっていた。

 

 

【身体検査】

・眼球陥没

・頭頂部の盛り上がった突起(カスク)の凹み

極度の脱水を示唆する。

・活動性の低下

・体色の暗色化

 

【検査】

レントゲン検査

 

 

 

 

 

 

 

 

所見

・胃から腸にかけてガスが大量に蓄積

・腎臓の不透過性が高い

 

【治療】

①リンゲル液+5%グルコース溶液+生理食塩水を皮下輸液

②カルシウム剤

③ステロイド剤

④抗生剤

 

【エキゾチックアニマル専門医の所見】

腎臓病の障害による食欲と活動性の低下が疑われる。

・上記の影響により、ライトから逃げるなどの体温調節を上手くこなせなかったことにより熱中症を加速させた可能性が示唆される。

・熱中症の影響により、消化管内にガスを大量に取り込み、また呼吸数の増加による体力消耗も考えられる。

 

麻布ペットクリニックではエキゾチックアニマルの夜間診療を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0