予防

犬猫へのチョコレート中毒について知ろう!

みなさんはペットにチョコレートを与えてはいけないと聞いた事があると思います。

前回はペットの誤食が多いことについて解説しました。

→「ペットの誤食について」はこちらから。

 

では、

「なぜチョコレートを食べてはいけないのか」

「チョコレートを食べるとどうなるのか」

については知っているでしょうか?

 

今日はそんなチョコレート中毒のお話です🍫

【なんでチョコを食べてはいけないのか🍫】

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

救急症例あるある「ペットの誤食」

夜間救急の動物病院には様々なペットが様々な理由で来院されます。

その中でも特に多いのが

「ペットの誤食」

犬猫問わず、季節性問わず、非常に多く来院されます。

 

皆さんも一度は愛するペットを誤食で動物病院に連れて行った経験があるのではないでしょうか?

 

そこで今回は誤食の中でも特にペットの命に関わる誤食Top3をご紹介します!!

 

この3つをペットが食べてしまった際はすぐに動物病院へ駆け込みましょう🏃‍♂️

 

命に関わるペットの誤食第3位

 

タバコ

タバコに含まれるニコチンによって、中毒症状を引き起こします。

下痢や嘔吐などの消化器症状から重度の場合は神経症状も引き起こす危険な物。

食べてしまった事が分かったらすぐに動物病院へ

 

命に関わるペットの誤食第2位

殺虫剤・殺鼠剤

有機リン系の成分が入っている場合、重篤な中毒症状を引き起こします。

摂取後、1時間以内に嘔吐や神経症状が現れます。

すぐに動物病院に連れていきましょう!

 

命に関わるペットの誤食第1位

糸付き針や爪楊枝

 

鋭利な物が生えある第1位にランクイン!

身体の中で粘膜を突き破る可能性や吐かせる処置も難しい為、内視鏡や緊急手術になる事も少なくありません。

予防のためにも、ペットの目の前には置かないように気をつけましょう!

 

お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

麻布ペットクリニック(受付時間20時〜4時)

オンライン相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ペットにも人にも怖〜いマダニを予防しよう!

温かくなり人も少しずつですが、町に増えてきましたね。

しかし温かくなると出てくるのは人だけではありません

 

様々な生き物、そして寄生虫も活発になります。

 

きょうはその中でも怖い病気を媒介するマダニについて勉強しましょう。

 

【マダニって、なんだろう?】

マダニは昆虫に近い寄生虫で、大きさは3~4mm主食は動物の血液です。

活発になるのは気温が高い春・夏・秋☼

日ごろは草むらに潜み、動物が近づいてきた時に果敢に飛び移ります。

これが上手くいくと、動物に寄生したまま吸血を続ける生活が送れるのです。

そしてこの寄生する相手(宿主)は犬猫だけでなく人間も含まれます。

 

【マダニの怖い話】

さて、血液が好物のマダニは動物から吸血しますが、この時に動物側に多くの悪い影響を与えます。

 

貧血

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ペットのノミ予防を再開しよう!

13℃

この温度と犬猫の寄生虫予防がどう関係してくるかご存知でしょうか?

今日はノミノミ予防開始の時期、そしてノミの病害についてお話します。

 

 

【ノミってどんな生き物?】

ノミは昆虫に近い1~3mm程度の寄生虫です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0