予防

咳をする子犬さんに多い●●●

こんにちは。
春になり、新生活に子犬さんを家族に迎えた方も多いのではないでしょうか?

そんな子犬さんに多いのが咳・鼻水・くしゃみの風邪のような症状です。

今日は
子犬さんに多いケンネルコフ
という病気を勉強していきましょう。

【ケンネルコフって?】

ケンネルコフとは、特に子犬に多い呼吸器の病気です。

代表的な症状として
・咳
・鼻水:特に青鼻
・くしゃみ
などがあります。

原因としてはウイルスや細菌に感染する事で発症します。

ちなみにケンネルコフは別名‘犬伝染性気管気管支炎‘とも呼ばれます。

 

【ケンネルコフになるとどうなるの?】

病院で診察を受ければ多くの子は治癒します。

ただ、一部は肺炎に進行してしまう事もあるので、症状が重症化する前に早めの病院受診をお勧めします。

 

 

また、受診前にしておくといい準備として

・咳やくしゃみの動画を撮っておく

・どんな時に出るか家族に聞いておく(運動中、寝てるとき、など)

などがあります。

 

【予防するには?】

残念ながら、これをしたからと言って必ず予防できるという物はありません。

ただ、
・部屋の温度を高めに保つ
・部屋を加湿する
・混合ワクチンを定期的にしっかり打つ
・遊ぶ時間以外にしっかり寝て過ごす時間をとらせる
事はお勧めします。

 

【夜間に呼吸がおかしくなったら】

夜間に咳が長時間止まらなくなったり、呼吸状態がおかしくなるようなら夜間救急の受診をお勧めします。

ここに挙げた病気以外にも、呼吸がおかしい子はなにか怖い病気を持っている可能性があるので、早めの受診が大切です。

 

【夜間救急動物病院 麻布ペットクリニック】

東京都港区の麻布ペットクリニックでは夜間救急外来を受け付けています。(20:00-04:00)

また、遠方の方のオンライン相談も受け付けています。(上記と同時間帯)

夜間のペットさんの異常の際には是非お力にならせて下さい。

 

オンライン相談は公式LINEから

救急外来の来院前にはお電話を!
03-6441-2257

 

子犬さんを迎えた方にオススメ↓

狂犬病の予防接種についてのお話
⭐︎ペット夜間オンライン相談開始⭐︎
🌸春の風物詩、フィラリア予防🌸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ワクチンシーズンに押さえておきたい「犬猫のワクチンアレルギー」

3月~5月はペットを飼育されている方にとってはワクチンシーズンですね!

動物病院もこの時期は繁忙期で診療時間の大半はワクチン含めた予防外来が多くいらっしゃいます。

 

毎年ワクチンを打つ時に獣医さんからよく聞く

「ワクチン打ってから30分程は近くで様子みてくださいね。」

「顔が腫れたり、調子悪くなったら夜間の病院にかかられてくださいね。」

 

こんな言葉をかけられた事がある方が多いのではないかと思います。

これがいわゆるワクチンアレルギーについての注意喚起なんです!

 

今回はワクチンシーズン真っ只中で押さえておきたい「ワクチンアレルギー」について解説します。

昨年の「ワクチンアレルギーについて」も合わせてお読みください。はこちらから。

※電話番号などが変わってますのでご注意ください。

 

 

ワクチンアレルギーとは

ワクチンを打つ事によって過剰な免疫反応が起こる事により軽度〜重度の症状を引き起こしてしまう事。

 

ワクチンアレルギーの症状

軽度(接種後約24時間以内)

・顔が腫れぼったくなる

・嘔吐

・皮膚が赤くなる

など。

 

重度(接種後約30分以内)

上記の症状と合わせて

・急にぐったりする

・呼吸が弱いまたは荒い

・立てない

など。

 

ワクチンアレルギーになってしまったら

すぐに動物病院へ🏃‍♂️

特に接種後30分以内に起こるアナフィラキシーショックは早期治療を行わなければ命を落とす可能性もありますので、接種後30分以内は近くで様子を見ましょう!

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

日中のワクチン接種からアレルギー症状が疑われる子や夜間でのワクチン接種希望の子まで

麻布ペットクリニックにお任せください。

当院へお気軽にお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬猫へのチョコレート中毒について知ろう!

みなさんはペットにチョコレートを与えてはいけないと聞いた事があると思います。

前回はペットの誤食が多いことについて解説しました。

→「ペットの誤食について」はこちらから。

 

では、

「なぜチョコレートを食べてはいけないのか」

「チョコレートを食べるとどうなるのか」

については知っているでしょうか?

 

今日はそんなチョコレート中毒のお話です🍫

【なんでチョコを食べてはいけないのか🍫】

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

救急症例あるある「ペットの誤食」

夜間救急の動物病院には様々なペットが様々な理由で来院されます。

その中でも特に多いのが

「ペットの誤食」

犬猫問わず、季節性問わず、非常に多く来院されます。

 

皆さんも一度は愛するペットを誤食で動物病院に連れて行った経験があるのではないでしょうか?

 

そこで今回は誤食の中でも特にペットの命に関わる誤食Top3をご紹介します!!

 

この3つをペットが食べてしまった際はすぐに動物病院へ駆け込みましょう🏃‍♂️

 

命に関わるペットの誤食第3位

 

タバコ

タバコに含まれるニコチンによって、中毒症状を引き起こします。

下痢や嘔吐などの消化器症状から重度の場合は神経症状も引き起こす危険な物。

食べてしまった事が分かったらすぐに動物病院へ

 

命に関わるペットの誤食第2位

殺虫剤・殺鼠剤

有機リン系の成分が入っている場合、重篤な中毒症状を引き起こします。

摂取後、1時間以内に嘔吐や神経症状が現れます。

すぐに動物病院に連れていきましょう!

 

命に関わるペットの誤食第1位

糸付き針や爪楊枝

 

鋭利な物が生えある第1位にランクイン!

身体の中で粘膜を突き破る可能性や吐かせる処置も難しい為、内視鏡や緊急手術になる事も少なくありません。

予防のためにも、ペットの目の前には置かないように気をつけましょう!

 

お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

麻布ペットクリニック(受付時間20時〜4時)

オンライン相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ペットにも人にも怖〜いマダニを予防しよう!

温かくなり人も少しずつですが、町に増えてきましたね。

温かくなると出てくるのはヒトだけではありません。

そう、様々な生き物、そして寄生虫も活発になります。

きょうはその中でも怖い病気を媒介するマダニについて勉強しましょう。

 

【マダニって、、なんだろう?】

マダニは昆虫に近い生き物で、大きさは3~4mm、主食は動物の血液です。

活発になるのは気温が高い春~夏☼

日ごろは草むらに潜み、動物が近づいてきた時に果敢に飛び移ります。

これが上手くいくと、動物に寄生したままドリンクバー状態で吸血する生活が送れるのです。

そしてこの寄生する相手(宿主)は犬猫だけでなく人間も含まれるのです。

 

【マダニの怖い話】

さて、血液大好きマダニさんは動物から吸血しますが、この時に動物側に多くの悪い影響を与えます。

 

貧血

マダニは血を吸うので、当然ですが宿主の動物から血液が減っていきます。

「たかだか3mmぐらいの生き物に血を吸われても大したこと無いだろう」

と、高を括る方もいますが、、、

貪欲なマダニは吸血を続ける事でなんと身体を100倍にまで膨らませながら血を吸い続けます。

結果として寄生された動物は貧血になり、具合が悪くなってしまいます。

 

ペットへ病気をうつす

マダニの恐ろしい点は、マダニが持っている細菌やウイルスを宿主の動物に送り込むところです。

これらの病気の中には赤血球を破壊して重篤な疾病を起こす可能性があるものや、全身で様々な障害を起こすものがあります。

 

人間へも病気をうつす

もう一つ恐ろしい点として、マダニが人間を噛むことで人間にも危険な病気をうつすことがあります。近年ニュースになったSFTS(重症熱性血小板減少症候群)などが一例です。

 

【じゃあ予防はどうしよう?】

そんな近寄ってほしくないマダニですが、幸いにも駆除薬が販売されています。

駆除薬を飲んだ犬猫に寄生したマダニが、血液中の駆除薬によって死亡するという仕組みです。

 

注意点としては、駆除薬を飲んでもマダニからうつる病気を防ぎきる事は出来ないという点です。最初に血液を吸った時に病原体が犬猫の体内に入ってしまうからです。

しかしながら、駆除薬を飲んでマダニが増殖できないようにすることは、マダニが吸血し続ける事による貧血や、お家でのマダニの増殖を防ぐことが出来ます。

 

ペットさんと飼い主様の健康な生活の為にも、マダニの予防をお勧めします。

 

【麻布ペットクリニックでマダニ予防】

麻布ペットクリニックではノミ・マダニ駆除薬の処方を行っています

 

●夜間の診療:夜間診察時間中に処方を行えます。日中忙しい方にオススメです。

○日中の往診:往診時に処方を行えます。病院にペットさんを連れていく事に抵抗がある方にオススメです。

○預かり中に診療:麻布ペットでのホテル・トリミング預かりの間に獣医師が処方を致します。ホテル・トリミングをご利用の方にオススメです。

 

麻布ペットクリニックへはこちらから🖱

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ペットのノミ予防を再開しよう!

13℃

 

この温度と犬猫の寄生虫予防がどう関係してくるかご存知でしょうか?

 

今日はノミとその予防開始時期、そしてノミの病害についてお話します。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0