予防

動物看護師監修🍖ペットフードの選び方③🐡

ペットフードの選び方①ペットフードの選び方②をお読みいただいてからこちらの記事を読んでいただくとより理解が深まると思います。

今回のペットフードの選び方③では、原材料についてお話ししたいと思います。

 

ドッグフードやキャットフードなどのいわゆるペットフードは、ペットフード安全法という法律で表示が義務付けされています。

商品ラベルを見れば何が入っているのかを、飼い主様がきちんと把握できるという事ですね。

よく問題に挙がるのが添加物についてだと思います。

添加物に関しては少なければ少ないほうが良いという方もいらっしゃると思いますが、やはり長期保管する事も多いため、一定量の添加物は必要なのではないかという意見もあります。

製造工程でどうしても減ってしまうビタミンなども添加することで必要量を与えられるため最低限は必要な事が多いようです。

また、プレミアムドッグフードやプレミアムキャットフード、グレインフリーやヒューマングレードのペットフードは使用している原材料は素晴らしいと思いますが、毎日与えるとなるとなかなか高額な費用が発生してきます。

費用と安心・安全のバランスが取れるペットフードを選ぶのが良いですね。

 

手作りフード

最近では手作りフードの人気も高くなっています。

手作りフードの利点は、何といっても原材料が明確に分かっている安心感ですよね。

注意点としては、栄養の調整が難しいため必要な栄養素が足りない可能性がある事だと思います。

食材や調理方法など、偏りがないか、中毒性の食材を使っていないか注意していきましょう。

アレルギーについて

食事で悩むのがアレルギーがある子だと思います。

アレルゲンの検査で数値が高い=アレルギーが発症しているという事ではありませんが、気になるのは確かですよね。

対策としては、

・アレルギー物質を含まない原材料を使っているものを選ぶ

・アレルゲンとして認識されないよう、タンパク質をアミノ酸レベルまで分解されたフードを使う

といった事が挙げられます。

最近ではアレルギーの子用に開発されたフードも種類が多くなってきているので、どれが身体に合っているのかを少量ずつ試しながら身体に合った食事を選びたいですね!

 

いかがでしたか?

今回はペットフードの原材料についてお話しさせていただきました。

麻布ペットクリニックでは様々なお悩みの相談も受けております。

ご相談は麻布ペットクリニックのオンライン相談でも受け付けています。

QRコードからもお友達登録できます。是非ご利用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「ペットの予防医療」をすべき理由とその種類とメリット

大事なペットさんには痛い思い・つらい思いはできるだけしてほしくないですよね。

そこで大事になってくるのが”予防”です。

しかし「ペットの予防医療」といわれてもピンとこない方も多いかもしれません。

今日はそんなペットの予防医療について勉強していきましょう!

予 防 医 療 ?

 

目次

  • ペットの予防医療とは?
  • ペットの予防医療はなぜ大事?
  • ペットの予防医療にはどんな種類がある?
  • ペットの予防医療に保険はきくの?

 

ペットの予防医療とは?

健 康 を 維 持 す る 病 気 を 未 然 に 防 ぐ 0

予防医療は

「健康の維持や、病気を未然に防ぐこと、病気の再発を防ぐことを目的として、自宅での行動を改善したり、病院で処置・処方を受けたりすること」

と説明されることが多いです。

健康の維持や病気の予防の為に行う行為

と考えるといいかもしれません

 

ペットの予防医療はなぜ大事?

ではなぜペットで予防医療が大事なのでしょうか?

理由はいくつかありますが、その一つとしては、国内にペットに感染する怖い病気が存在する事が挙げられます。

また別の理由として、「予防を行うことで高い確率で防げる病気」が存在するのも理由の一つです。

それらの病気では予防によるリスクよりも病気を防ぐメリットが大きいと考えられている為、予防が推奨されています。

 

ペットの予防医療にはどんな種類がある?

では、予防医療にはどんな種類のものがあるのでしょうか?

多くの物が該当しますが、ここではその一例を列挙します

などです。

リンクがあるものは詳しいブログ記事へと飛べるので、良ければそちらも見てみてください。

 

ペットの予防医療にペット保険はきくの?