オンライン相談

猫が苦しそうに口を開けて呼吸している時の、考えられる原因や病気

猫が口を開けて苦しそうにハァハァと深い呼吸をしている

もしくは浅くて速い呼吸をしている

 

こんな時、何が原因として考えられるでしょうか?

実はこういった症状は救急でもよく目にします。

 

今回は、呼吸の荒い猫さんで考えられる主な原因を挙げていきます。

①呼吸器疾患

一番多いものが呼吸器(肺や気管、気管支)の病気が原因で呼吸が苦しくなっている事です。

原因としては肺炎や気管支炎、胸水が溜まっている事が多いです。

出来る限り早めに治療をしないと死亡する可能性もある怖い病気です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

~猫の足が痙攣(けいれん)している!?~

猫ちゃんの足がけいれんしている!?

 

今回は猫の足がぴくっぴくっと痙攣(けいれん)しているような症状があるときに、病気なのか生理的なものなのか、考えられる病気やその時にやる事についてお話ししたいと思います。

 

病気かどうかの見分け方

猫の肢がぴくっぴくっと2~3回程度動き、本人の意識の状態や呼吸の状態に問題がない時は、生理的なもので病気によって引き起こされた可能性は低いと考えられます。

では、病気の可能性を考慮する時はどのような時かというと

◇ぴくっぴくっという症状⇒バタバタと激しい発作になる

◇走るような動きを繰り返す

◇ぴくっぴくっという症状がずっと続く(5分以上)

◇肢だけでなく、全身が引きつるようにのけ反っている

◇意識の状態が低下していて、反応がほとんどない

◇失禁や脱糞、よだれが出ている

◇呼吸が荒く、全身を使って大きく呼吸している

といった症状が代表的な症状になります。

このような症状が起きた時にはすぐに病院に電話して連れて行くようにしましょう。

症状の説明が難しい事が多くあります。

また、動画を数秒でも撮っておくことで、獣医師の判断の助けになります。

 

 

考えられる病気は?

〇脳の疾患

脳の腫瘍、脳炎、てんかんなど

 

〇脳以外の疾患

肝臓病(腫瘍など)、腎臓病(急性腎障害など)、中毒、低血糖など

 

予防できるの?

明確に発作を予防するために出来る事は非常に限られ、原因や個体によりさまざまです。

獣医師と一緒に予防できる原因なのか、悪化させないために何をするべきかを話し合う必要があります。

 

麻布ペットクリニックでは、夜間救急診療もしているので、夜間に急にけいれんが起きてしまった時はご連絡いただいた上で救急対応致します。

けいれんなのか判別が出来ない、遠方の方であれば、夜間オンライン相談も行っております。

 

麻布ペットクリニックでは夜間診療・日中の往診を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

もしもの為に知っておく「ペットの夜間救急」!

ペットが夜間に体調を崩してしまうことは珍しくありません。

その時に利用する事になるのが夜間救急動物病院。

今回はもしもの時に慌てないように、夜間救急動物病院について知っていきましょう

 

目次

  1. ペットの夜間救急ってどんなところ?
  2. ペットの夜間救急はどんな子が来る?
  3. ペットの夜間救急の受診の仕方は?
  4. ペットの夜間救急のお値段は?
  5. 近くに夜間救急動物病院が無い時は?

 

ペットの夜間救急ってどんなところ?

ペットの夜間救急には大きく分けると3種類あります。

 

これらの施設では、獣医師と動物看護師が夜間に不調を訴えるペットとその飼い主様へ救急医療を提供しています。

 

ペットの夜間救急はどんな子が来る?

ペットの夜間救急に来院する代表的なものがこちらです。

  • 誤食:画鋲やチョコレートなど食べるべきでは無い物をたべてしまう。
  • 心臓病:心臓の機能不全により全身状態が悪化してしまう
  • 骨折:落下や交通事故などにより骨が折れてしまう
  • 発作:脳内や代謝の問題により神経症状を起こしてしまう
  • 心肺停止:様々な要因により呼吸と心拍が止まってしまう

他にも様々な主訴で夜間病院を受診されます。

当ブログでは夜間救急によく来る症例についても各ページで解説しています。

興味があるページがあれば是非参考にして下さい⇩⇩⇩

エキゾチックアニマルの夜間救急診察についてはこちら🖱

 

ペットの夜間救急の受診の仕方は?

では実際に夜間救急を受診する際にはどういう流れになるのでしょうか?

 

多くの病院では受診前の電話連絡をお願いしています。

電話口では以下の事を確認されることが多いです。

これにより病院側の受け入れの準備と必要な情報共有をする事ができるようになります。

その後病院に到着し、受付を済ませ診察という流れになります。

 

ペットの夜間救急のお値段は?

ペットの夜間救急の料金は高額になる事が多いです

受診料などで1万円以上になる事も珍しくなく、金銭的な負担は覚悟する必要があります。

 

近くに夜間救急動物病院が無い時は?

行ける範囲に夜間救急動物病院が無い地域で、夜間にペットが体調を崩して途方に暮れる飼い主様も多いです。

その際の選択肢としては

①近隣に夜間受け入れている一般の動物病院が無いか探す

夜間のオンライン相談で相談する

の二つが上がります。

麻布ペットクリニックで行っているペットの夜間のオンライン相談についてはこちら

 

【夜間救急動物病院 麻布ペットクリニック】

東京都港区の麻布ペットクリニックでは夜間救急外来を受け付けています。(20:00-04:00)

また、遠方の方のオンライン相談も受け付けています。(上記と同時間帯)

夜間のペットさんの異常の際には是非お力にならせて下さい。

 

オンライン相談は公式LINEから

救急外来の来院前にはお電話を!
03-6441-2257

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

動物看護師監修🍖ペットフードの選び方②🐡

※前回ペットフードの選び方①からの続きです!

 

『皆様はドッグフードやキャットフードはどのようなものを選んでいますか?』

 

動物病院で働いていると、

「ウチの子はドッグフードを食べなくて・・・」

「食事を買ってもすぐに飽きちゃうんですよね・・・」

といった相談をよく受けます。

 

愛するペット達へのフード選び、悩みますよね。

 

そこで今回はペットフードの選び方をいくつかの項目に分けて解説したいと思います。

ペットフードの選び方②では、年齢に注目したいと思います。

ぜひ参考になさってください!

 

成長期

約3か月齢くらいから、1歳頃までの期間の事を指します。

  • 成長期では栄養が沢山必要なのでカロリーなども多くなるように調整されています。しかし、一度にたくさん食べられるほど身体が出来ていないので4回程度に分けて食事を与える方が良いでしょう。
  • 食事をあまり食べないからといって、安易に置き餌のようにしてしまうと大人になった時にも食事にあまり興味がない子になったり、オヤツばかり食べるようになったりするので、根気強く本人が食べるものを探してみましょう。
  • 3,4カ月齢くらいの時は食事の時間が空きすぎると、低血糖状態になるパピーキトンシンドロームと呼ばれる病気になり、最悪亡くなる事もあるため、食事回数が少なくなることがないようにしましょう。
  • 1歳に近づくにつれて少しづつ食事回数を減らすようにすると良いでしょう。

 

成熟期

いわゆる大人の時期です。

1歳頃から7歳頃までの期間です。

  • 成長期ほどカロリーが必要ないので、大人用(アダルト)のものから選びましょう。
  • 性格や環境により活動量にかなり差があるため、活動量が少ない子であればカロリーを抑えて作られているものを選んだり、相当運動する子であればカロリーを高めに作られているものや関節に良い成分が配合されているものを選んだりすると良いと思います。
  • 好きなだけ食べさせると肥満になってしまうため食事の量に気を付けましょう。
  • オヤツなどのいわゆる間食にも注意しなければいけないでしょう。オヤツの量や種類は豊富に用意されていますが、オヤツはカロリーが非常に高いものもあります。オヤツを与えた分食事の量を減らして、一日のトータルの摂取カロリーを調整してあげましょう。

高齢期

7歳齢以降の年齢の子は高齢期(シニア)と呼ばれます。(犬種・猫腫により多少前後します)

成熟期よりもさらに代謝も落ちて必要なエネルギー量も低下します。

  • 低カロリー、低脂肪、高たんぱくにしてその他の必要な栄養もしっかりと取れるものが良いでしょう。
  • 高齢期では歯が悪くなる子もいるので、食事が食べにくそうなら細かくしたり、ふやかしたりする方が良い場合もあります。選び方①でも紹介したセミモイストやウェットタイプも検討してよいでしょう。
  • 消化吸収能力が低下してくるため、胃腸に負担がかからないように消化吸収しやすい工夫がされているものが理想といえます。具体的にはお湯で30分程度ふやかしてあげたり、わんちゃん、ねこちゃん用ミルクを使う、ウェットフードを混ぜて与える事も有効でしょう。

注意しなければいけない事としては、柔らかい食事は歯垢がさらに付きやすくなるので歯のケアもしっかりとしてあげましょう!

いかがでしたか?

今回は年齢のステージ別に解説させていただきました。

是非前回のペットフードの選び方①と合わせて見ていただければ嬉しいです。

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

麻布ペットクリニックでは様々なお悩みの相談も受けております。

ご相談は麻布ペットクリニックのオンライン相談でも受け付けています。

QRコードからもお友達登録できます。是非ご利用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

腎臓病、熱中症疑いのパンサーカメレオン🦎

【患者】

パンサーカメレオン

4歳の♂(繁殖歴なし)

EUCB(チェコ繁殖個体)

 

【病気の経過】

3日前より極度の脱水、食欲、活動性が70%まで低下。

飲水や排泄は便尿共に良好。

来院当日は真っ白くなり、うずくまっていた。

 

 

【身体検査】

・眼球陥没

・頭頂部の盛り上がった突起(カスク)の凹み

極度の脱水を示唆する。

・活動性の低下

・体色の暗色化

 

【検査】

レントゲン検査

 

 

 

 

 

 

 

 

所見

・胃から腸にかけてガスが大量に蓄積

・腎臓の不透過性が高い

 

【治療】

①リンゲル液+5%グルコース溶液+生理食塩水を皮下輸液

②カルシウム剤

③ステロイド剤

④抗生剤

 

【エキゾチックアニマル専門医の所見】

腎臓病の障害による食欲と活動性の低下が疑われる。

・上記の影響により、ライトから逃げるなどの体温調節を上手くこなせなかったことにより熱中症を加速させた可能性が示唆される。

・熱中症の影響により、消化管内にガスを大量に取り込み、また呼吸数の増加による体力消耗も考えられる。

 

麻布ペットクリニックではエキゾチックアニマルの夜間診療を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

エキゾチックアニマルの夜間救急診察について

近年、犬猫以外の動物、いわゆるエキゾチックアニマルの飼育率が上がってきています。

 

 

・ウサギ、チンチラ、モルモット、デグーなどの小型哺乳類

 

 

 

 

 

 

・セキセイインコ、文鳥、キバタンなどの鳥類

 

 

 

 

 

 

 

・カメ、トカゲ、ヘビなどの爬虫類

 

・ウーパールーパーやカエルなどの両生類

 

 

 

 

エキゾチックアニマルは犬猫に比べて、

・サイズも小さく飼育しやすい場合が多い

・ペットショップやインターネットなどで手軽に購入出来る

事からも飼育される方が増えてきています。

しかし、問題点もいくつか出てきています。

 

 

そんなエキゾチックアニマルを飼育する上での問題点の一つである

「エキゾチックアニマルの夜間救急診察」について解説していきます。

 

エキゾチックアニマルの夜間救急診察の現状

犬猫の夜間救急動物病院の数が少ない事は以前お伝えしました。

まだ読んでいない方はこちら

少ない中でもエキゾチックアニマルを診察可能な夜間動物病院はさらに少なくなります。

日中の動物病院でもエキゾチックアニマルを診察可能な動物病院は犬猫の動物病院に比べて少ないのが現状です。

 

 

エキゾチックアニマルの夜間救急診察の問題点

・数が少ない

・エキゾチックアニマルの診療に精通した獣医師の数が少ない

・救急症例数および治療例が少ない

など夜間救急でもまだまだエキゾチックアニマルを専門で診れる獣医師・施設は少ないです。

 

 

エキゾチックアニマルが夜間に体調を崩したら?

・まずはかかりつけ医が夜間連絡可能であれば連絡し、指示を仰ぐ

・かかりつけ医に事前に夜間の相談先を聞いておく

・エキゾチックアニマルを夜間診察可能な動物病院を探す

 

 

いかがでしたでしょうか?

エキゾチックアニマルは夜行性が比較的多く、体調が悪くなった際に早期の治療を施さなければ助からない場合も多くあります。

事前の準備も意識しつつ、もしもの際は頼れる専門家を探しておきましょう。

 

 

麻布ペットクリニックではエキゾチックアニマルの夜間診療を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

院長と対談企画⭐︎プチプラバンソンのココタ君とルルタ君

麻布ペットクリニックは夜間救急動物病院の施設開業の為に、クラウドファンディングを行いました。

 

今回は支援者の飼主様と稲野辺院長との対談記事になります。

・プチプラバンソンのココタ君(12歳)、ルルタ君(10歳)との出会い

・クラウドファンディングに支援した理由

・麻布ペットクリニックに期待する事

など、伺いました。

プチプラバンソンって飼育している人が本当に少ないんです!

 

—ココタ君、ルルタ君との出会いや性格を教えてください

オーナー:以前ヨークシャーテリアとマルチーズを飼っていて、一年違いで亡くなったんです。ペットロスになっていた時に、以前通っていた動物病院の先生がプチプラバンソン生まれたからどう?と言われたのがココタとの出会いでした。そこから二年後にブラックの子を迎えたくなり、愛知のブリーダーさんからルルタを迎えました。ココタの性格は小さい頃は手が付けられないくらいで、巷では「ハイパーココタ」と呼ばれていました。7~8歳くらいからは落ち着きましたね。今でも自宅では吠える時もありますが(笑)。ルルタは10歳になった今と小さい頃で全く変わりません!(笑)ルルタを迎えた当初はココタが逃げていましたが、時間が経つと(ココタが)受け入れてくれました。プチプラバンソンは珍しく、飼っている人も本当に少ないので、見かけたとしてもどこかで血が繋がってるかもしれません。

 

—ココタ君、ルルタ君は今まで病気をした事がありますか?また予防で気をつけている事はありますか?

オーナー:ルルタはほとんどありません(笑)。ココタは白内障を抱えているのと一度熱中症になりました。白内障で視力が無く、角膜潰瘍も繰り返しています。熱中症は5月だったのですが、ジメジメしていて、短頭種ということもあって・・・。お腹の出来物が破裂して、膿が出てきたこともありました。また病気の予防としては何か気になることがあれば、すぐに動物病院に連れていくようにしています。健康診断も毎年受けています。また、月一のトリミングサロンのトリマーさんが未然に色々と異常を見つけてくれるので助かっています。

 

2匹ともシニアなので夜間動物病院は本当に助かる!

—今回、麻布ペットクリニックのクラウドファンディングに支援された理由についてお聞かせください。

オーナー:2匹ともシニアなので夜間に何かあったら嫌だなと思っていたのと、稲野辺先生に何度か診て頂いていたので、今回のクラウドファンディングでお力になりたいと思い、支援しました。夜に診察している動物病院は貴重ですし、信頼している先生に「大丈夫だよ」と言われると落ち着くことが出来ます。特に稲野辺先生は何度もお会いしていて信頼しているので、安心します。

 

—ありがとうございます!夜間に実際に心配になった事はありますか?

オーナー:ココタは必ず夜中の2時くらいに床を舐め続ける行動をする事があって・・・。床だけでなく繊維質の物をかじっては吐いて、またかじって、と・・・その時は心配になりました。

 

私は獣医さんによく話を聞いて欲しい!

—夜間の動物病院にあったら嬉しいサービスなどはありますか?

オーナー:私は獣医さんによく話を聞いて欲しいので、そのような先生を指名しています。もちろん、サクッと終わりたい方もいると思いますし、その方々に対応してくれると嬉しいですね。

 

—最後に愛犬家の方にメッセージをお願いします。

オーナー:最後まで責任を持って飼って欲しいです。

 

 

〜対談を振り返って〜

ココタくん、ルルタくんのオーナー様はよくよく二頭を日々観察していて、何かあったら動物病院に連れて行っており、トリミングサロンで言われた事なども利用して病気の早期発見に尽力されているのが素晴らしいと思います。プチプラバンソンという珍しい犬種だからこそ、私自身も性格や犬種の特徴を勉強させてもらっています。これからも二頭の長生きの一助になれればと思います。

 

麻布ペットクリニックでは様々なお悩みの相談も受け付けております。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

咳をする子犬さんに多い●●●

こんにちは。
春になり、新生活に子犬さんを家族に迎えた方も多いのではないでしょうか?

そんな子犬さんに多いのが咳・鼻水・くしゃみの風邪のような症状です。

今日は
子犬さんに多いケンネルコフ
という病気を勉強していきましょう。

【ケンネルコフって?】

ケンネルコフとは、特に子犬に多い呼吸器の病気です。

代表的な症状として
・咳
・鼻水:特に青鼻
・くしゃみ
などがあります。

原因としてはウイルスや細菌に感染する事で発症します。

ちなみにケンネルコフは別名‘犬伝染性気管気管支炎‘とも呼ばれます。

 

【ケンネルコフになるとどうなるの?】

病院で診察を受ければ多くの子は治癒します。

ただ、一部は肺炎に進行してしまう事もあるので、症状が重症化する前に早めの病院受診をお勧めします。

 

 

また、受診前にしておくといい準備として

・咳やくしゃみの動画を撮っておく

・どんな時に出るか家族に聞いておく(運動中、寝てるとき、など)

などがあります。

 

【予防するには?】

残念ながら、これをしたからと言って必ず予防できるという物はありません。

ただ、
・部屋の温度を高めに保つ
・部屋を加湿する
・混合ワクチンを定期的にしっかり打つ
・遊ぶ時間以外にしっかり寝て過ごす時間をとらせる
事はお勧めします。

 

【夜間に呼吸がおかしくなったら】

夜間に咳が長時間止まらなくなったり、呼吸状態がおかしくなるようなら夜間救急の受診をお勧めします。

ここに挙げた病気以外にも、呼吸がおかしい子はなにか怖い病気を持っている可能性があるので、早めの受診が大切です。

 

【夜間救急動物病院 麻布ペットクリニック】

東京都港区の麻布ペットクリニックでは夜間救急外来を受け付けています。(20:00-04:00)

また、遠方の方のオンライン相談も受け付けています。(上記と同時間帯)

夜間のペットさんの異常の際には是非お力にならせて下さい。

 

オンライン相談は公式LINEから

救急外来の来院前にはお電話を!
03-6441-2257

 

子犬さんを迎えた方にオススメ↓

狂犬病の予防接種についてのお話
⭐︎ペット夜間オンライン相談開始⭐︎
🌸春の風物詩、フィラリア予防🌸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬猫が誤食したら?動物病院での治療法の一つ「催吐処置」

夜間救急動物病院には犬猫が誤飲・誤食してしまった事で来院する事は多々あります。

 

1ヶ月に1頭以上も誤食の犬猫の診療にあたる事があると回答した獣医さんは60%以上もいるそうです!

(2012年172人の獣医師172人に聞きました!アニコムホールディングス参照)

 

 

 

 

誤食をしてしまう事が多い事は今までの記事でもお伝えしてきましたが、実際に動物病院に行った場合どんな治療をするのでしょうか??

 

 

今日は誤食の治療の一つである「催吐処置」についてお伝えします。

 

 

 

催吐処置とは?

胃の内容物を体の外へ排出する事を目的に嘔吐を誘発させる事。

 

催吐処置の方法

当院では止血剤であるトラネキサム酸を静脈内に投与しています。

通常、止血剤として用いる薬を多量に投与する事で副作用としての嘔吐を引き起こします。

10~20分で嘔吐してくれる事がわんちゃんは多いです!

 

 

催吐処置の危険性は?

①嘔吐させて良いものか悪いものか?

②トラネキサム酸の副作用である痙攣発作についても理解しておく。

③基本的には食べて3~5時間以内が催吐処置対象とされています。

 

 

いかがでしたでしょうか??

催吐処置は誤食の際に多く使用されますがなるべくはさせたくないですよね。

誤食を未然に防ぐ事が1番と思います。

 

しかし、食べてしまった、誤食を見つけてしまった場合は当院へご相談ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

犬猫へのチョコレート中毒について知ろう!

みなさんはペットにチョコレートを与えてはいけないと聞いた事があると思います。

前回はペットの誤食が多いことについて解説しました。

→「ペットの誤食について」はこちらから。

 

では、

「なぜチョコレートを食べてはいけないのか」

「チョコレートを食べるとどうなるのか」

については知っているでしょうか?

 

今日はそんなチョコレート中毒のお話です🍫

【なんでチョコを食べてはいけないのか🍫】

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0