エキゾチックアニマル

症例紹介:ハムスターのサクランボの種誤食

今回は夜間救急にどんな動物が来るのか、飼い主様に掲載協力を頂いた症例を紹介していきます。

 

症例紹介

患者は1才10カ月のゴールデンハムスターさん。

飼い主さんが誤ってサクランボの種をハムスターの手が届く所に置いてしまい、ハムスターがほお袋に入れてしまったとの主訴で来院。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

症例紹介:胃腸うっ滞が再発したウサギ

今回は夜間救急にどんな動物が来るのか、飼い主様に掲載協力を頂いた症例を紹介していきます。

症例紹介

患者は1才のオスのウサギさん(ネザーランドドワーフ)です。

2週間前に胃腸うっ滞とかかりつけ医様で診断され、お薬を1週間飲み、その後は問題なく過ごしていました。

しかし、今日夕方から食欲と元気がないとの事で救急を受診されました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

症例紹介:チンチラの喧嘩と断指術

今回は夜間救急にどんな動物が来るのか、飼い主様に掲載協力を頂いた症例を紹介していきます。

【注意】

これから先には指の痛々しい写真が載っています。

ケガや血が苦手な方はご覧にならないようにお願い申し上げます。

症例紹介

患者は8ヶ月のオスのチンチラさん。

新たに他のチンチラを家族に迎え、同居させたところ喧嘩になり、噛まれた指の先から血が出ていとの主訴で来院。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ウサギのご飯について知ろう②:ごはんの種類

前回の記事ではウサギのご飯について広く勉強しました。

今日はウサギのご飯の種類と特徴について勉強しましょう!

【牧草】

牧草はウサギにとって大事な繊維質が豊富に含まれており、歯の摩耗を促進するなどウサギの主食として適しています。
ただし、その分美味しさはイマイチです。

牧草はその時々によって色・味・触感にムラが出るので、様々な物を試してみると、そのウサギの好きな牧草があるかもしれません。
また、牧草を与えると食餌を探したり、草を食むなどの自然な行動を促すことが出来ます。これにより退屈に起因する行動を減らし、ウサギの安心感を高めてあげる事が出来ます。
1歳までは高栄養なアルファルファ、1歳以降はチモシーなどをメインにするのが良いでしょう。
(1歳以降にアルファルファを多量に給仕すると消化不良で腸内にガスがたまる事があります。)

【ペレット】

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

夜間の動物病院によく来るハムスターの病気4選☆

ペットとして人気の高いハムスター!

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターなど色々な種類が飼育されてます。

 

 

『ハムスターが夜間に体調を崩したら?』

ハムスターを飼っている皆様は心配に過ごしているのではないでしょうか?

 

そこで今回は「夜間病院によく来るハムスターの病気や症状4選」をお伝えします!


 

 

下痢症状

  • 感染症:細菌性胃腸炎、寄生虫など。
  • 異物誤食:床材やおもちゃなどの誤食。
  • 不適切な食事:時間が経った食事や水分・栄養過剰の多い食事など。
  • アミロイドーシス

 

歩き方がおかしい

  • 骨折:落下や回し車での事故など。
  • 外傷による打撲:落下や他の動物との接触など。
  • 絞扼:紐上の物が足に絡まる事が原因。

 

発作

  • 心不全
  • 低血糖
  • 神経疾患など

頬袋脱

  • 外傷:頬袋を傷つけやすい食事など。
  • 腫瘍など

 

 

いかがでしたでしょうか?

次回はハムスターの病気に対しての検査や治療をお伝えしていきます。

お楽しみに。

 

 

 

麻布ペットクリニックではエキゾチックアニマルの夜間診療を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ヒョウモントカゲモドキのレントゲンで夜間の健康診断!

エキゾチックアニマルの中でも爬虫類で人気なのが

『ヒョウモントカゲモドキ』

 

女優の新垣結衣さんが飼育していることでも有名ですね!

 

 

今日はそんなヒョウモントカゲモドキのレントゲンを見てみよう!

のコーナーになります!!

 

今日のブログで学べる事

  • ヒョウモントカゲモドキのレントゲンの見方
  • レントゲンで何が分かるか?
  • レントゲン検査の重要性

 

 

 

レントゲン検査で来院したヒョウモントカゲのジョージ君

 

ジョージ君情報

  • 約3歳の男の子のヒョウモントカゲモドキ
  • 人工フードのみで生活
  • 月一の脱皮でたまに尾先に脱皮不全が起きる
  • 温浴があまり得意でない

 

 

レントゲン検査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所見

  • 尾の肉付きが良く栄養状態は十分。
  • 四肢の先端まで透過性が維持されており、カルシウムは十分摂取出来ている。
  • 前肢の手根関節部分の不透過性が高い。関節炎偽痛風などの可能性が考えられる。

 

 

 

検査結果から普段の生活での予防法

  • 床材を柔らかい素材の物へ変更する。
  • カルシウム摂取過剰であれば、腎臓への負担なども考慮して治療を開始!
  • 尾の肉付きからは栄養状態は良好と思われる。

 

麻布ペットクリニックではエキゾチックアニマルの夜間診療を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ウサギのご飯について知ろう①:ごはんの量とバランス🐇

前回はウサギの腸とうんちについて勉強しました。

今回はウサギの食事の量とバランスについて勉強しましょう!

 

【目安の量】

ウサギの一日の目安となる食事量は体重1キロあたり、一日50gグラム程度です。

その子その子によって必要な量は異なってくるので太りすぎる・瘦せすぎるようなら調節してあげてください。

 

【どんなご飯を上げたらいいの?】

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

🐇ウサギの食糞って何?腸とうんちについて!

ペットとして認知度も高いウサギさん。
ご家族に迎えた方も多いのではないでしょうか?

 

今回はウサギさんについて学んでいきましょうという企画です!

そして今日のテーマはウサギの腸とうんちです

それでは学んできましょう!

【ウサギの腸とうんち】

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

腎臓病、熱中症疑いのパンサーカメレオン🦎

【患者】

パンサーカメレオン

4歳の♂(繁殖歴なし)

EUCB(チェコ繁殖個体)

 

【病気の経過】

3日前より極度の脱水、食欲、活動性が70%まで低下。

飲水や排泄は便尿共に良好。

来院当日は真っ白くなり、うずくまっていた。

 

 

【身体検査】

・眼球陥没

・頭頂部の盛り上がった突起(カスク)の凹み

極度の脱水を示唆する。

・活動性の低下

・体色の暗色化

 

【検査】

レントゲン検査

 

 

 

 

 

 

 

 

所見

・胃から腸にかけてガスが大量に蓄積

・腎臓の不透過性が高い

 

【治療】

①リンゲル液+5%グルコース溶液+生理食塩水を皮下輸液

②カルシウム剤

③ステロイド剤

④抗生剤

 

【エキゾチックアニマル専門医の所見】

腎臓病の障害による食欲と活動性の低下が疑われる。

・上記の影響により、ライトから逃げるなどの体温調節を上手くこなせなかったことにより熱中症を加速させた可能性が示唆される。

・熱中症の影響により、消化管内にガスを大量に取り込み、また呼吸数の増加による体力消耗も考えられる。

 

麻布ペットクリニックではエキゾチックアニマルの夜間診療を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

エキゾチックアニマルの夜間救急診察について

近年、犬猫以外の動物、いわゆるエキゾチックアニマルの飼育率が上がってきています。

 

 

・ウサギ、チンチラ、モルモット、デグーなどの小型哺乳類

 

 

 

 

 

 

・セキセイインコ、文鳥、キバタンなどの鳥類

 

 

 

 

 

 

 

・カメ、トカゲ、ヘビなどの爬虫類

 

・ウーパールーパーやカエルなどの両生類

 

 

 

 

エキゾチックアニマルは犬猫に比べて、

・サイズも小さく飼育しやすい場合が多い

・ペットショップやインターネットなどで手軽に購入出来る

事からも飼育される方が増えてきています。

しかし、問題点もいくつか出てきています。

 

 

そんなエキゾチックアニマルを飼育する上での問題点の一つである

「エキゾチックアニマルの夜間救急診察」について解説していきます。

 

エキゾチックアニマルの夜間救急診察の現状

犬猫の夜間救急動物病院の数が少ない事は以前お伝えしました。

まだ読んでいない方はこちら

少ない中でもエキゾチックアニマルを診察可能な夜間動物病院はさらに少なくなります。

日中の動物病院でもエキゾチックアニマルを診察可能な動物病院は犬猫の動物病院に比べて少ないのが現状です。

 

 

エキゾチックアニマルの夜間救急診察の問題点

・数が少ない

・エキゾチックアニマルの診療に精通した獣医師の数が少ない

・救急症例数および治療例が少ない

など夜間救急でもまだまだエキゾチックアニマルを専門で診れる獣医師・施設は少ないです。

 

 

エキゾチックアニマルが夜間に体調を崩したら?

・まずはかかりつけ医が夜間連絡可能であれば連絡し、指示を仰ぐ

・かかりつけ医に事前に夜間の相談先を聞いておく

・エキゾチックアニマルを夜間診察可能な動物病院を探す

 

 

いかがでしたでしょうか?

エキゾチックアニマルは夜行性が比較的多く、体調が悪くなった際に早期の治療を施さなければ助からない場合も多くあります。

事前の準備も意識しつつ、もしもの際は頼れる専門家を探しておきましょう。

 

 

麻布ペットクリニックではエキゾチックアニマルの夜間診療を受け付けています。

LINEからオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0