きっと共感できるはず!大型犬あるある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬が好き!中でも大型犬が大好き!という方はとても多いでしょう。

大型犬と言えば太い足、大きな体、その上甘えん坊な性格と誰からも愛されるキャラクターです。

ここではそんな大型犬と暮らす飼い主さんが感じる大型犬のちょっと笑えるエピソードをご紹介させていただきます。

★一日のほとんどはだらけている

大型犬との生活の中で多くの飼い主さんが感じていることは、オンとオフの切り替えスイッチがあること。散歩やドッグラン、おやつを目の前にすると、きりっとした表情でハイテンションに動くことが出来るものの、いざスイッチが切れてしまうと、まるで大きなぬいぐるみのように一日中床に寝そべっています。

周りで掃除機をかけようが、誰かが傍を通ろうが、子供が枕にしようがまるでお構いなしです。

一旦切れてしまったスイッチはその程度では切り替わりません。

★体は大きいけど、気は小さい

性格が優しい、おだやかと言われることの多い大型犬ですが、犬種によってはちょっと怖いという印象を持たれてしまうこともあります。

ただ大抵の大型犬は、その見た目とはまるで逆で、とても気が小さく臆病です。

小型犬や猫よりも低姿勢であったり、吠えられてしまうと怯えた表情を見せることもあるほどです。

些細な物音に驚いてしまったり、道路の段差や思いもよらない場所が怖くて通れないという事もあるほどです。

こんなに大きな体で、まさかこれが怖いの?と気が付いた時のギャップにますますいとおしくなります。

★抜け毛の量は想像以上

犬と暮らすうえで抜け毛の問題はなかなか改善出来ないお悩みの1つです。小型犬でさせ相当な量ですから、大型犬ともなればなおのこと!想像以上です!

掃除機をかけても気が付けば、どこからかふわふわと抜け毛が舞ってきて・・・換毛期であれば簡単に羊毛フェルトを真似て人形が出来ること間違いなしの毛量です。

 

★尻尾の破壊力を認識できていない

実は大型犬の尻尾の破壊力は想像以上です。ラブラドールのように細くしなる犬であれば、まるでムチのよう・・・ただ犬自身はとてもご機嫌に尻尾を振っているだけなので叱ることも、止めることもできないものの、いざぶつかると想像以上の痛みです。

その上、尻尾が壁にぶつかると、どんどんと大きな音がして何事かと驚くほどですから大変なものです。

大きな音もぶつかった衝撃もご機嫌な証拠と思うと、つい微笑ましくなるものの、やっぱり痛い!!

★自分のサイズを認識できていない

大型犬にありがちな勘違いに、自分が大型だと認識できていないことがよくあります。得に小型犬や中型犬と同居している場合に・・・

小型犬用の器で一緒に水を飲んでしまったり、小型犬のベッドに横たわってしまったりと、明らかにサイズオーバーしているものの、犬自身はまるで違和感も不便さも感じていません!

その上、小型犬が抱っこされている姿を見て、自分も!と抱っこをせがんだり、同じように甘えてくるのですから、受け止める方も全力で対応する必要がありますね。

中には、生後間もない子犬の頃に抱っこされて過ごした思い出が強く残っていて、成犬になってからも同じように抱っこをせがんだり、飼い主さんの膝に乗りたがる大型犬もいます。

明らかなサイズオーバーながらも、こんな勘違いもまた大型犬なあらではの愛嬌だと笑って受け入れてあげましょう。

いかがでしたか?

大型犬と暮らす方、大型犬が大好きという方は共感したり、クスっと笑っていただけましたか?

かわいさ満点の大型犬ですが、いざ自宅でお手入れを済ませるとなるとなかなか大変なものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

メルマガ登録フォーム

麻布ペット 店舗情報

ご予約・お問い合わせ
9〜18時 年中無休

【ペットシッター】
03-6416-8286
【麻布店】
03-6277-7268
東京都港区麻布台3-3-14-1F
【代々木公園店】
03-5454-0877
東京都渋谷区代々木5-57-8-1F
【西麻布店】
03-5454-0877
東京都港区西麻布2-13-1-4F
【取材・営業のお問い合わせ】
 03-6416-8286

記事検索

コメントを残す

*