🌸春の風物詩、フィラリア予防🌸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすっかり温かくなりましたね🌸

毎年春の風物詩といえば桜と入学式と花粉症。

そして

【狂犬病予防接種】【ノミ・ダニ予防の再開】【フィラリア予防の再開】

ですね(^^)

 

今日はその中でもフィラリア予防についてのお話です。

 

放置すると命に関わるフィラリアの寄生。

是非知っておいて下さい。

【フィラリアって?】

フィラリアは線虫と呼ばれるヒモ状の生き物で、多くは蚊と犬に寄生します。

フィラリアは犬の肺と心臓で子供を生み出します。このフィラリアの子供を”ミクロフィラリア”といいます。

このミクロフィラリアを蚊が吸うことで、蚊に感染します。

ミクロフィラリアは蚊の中ですくすく育った後、蚊が犬の血を吸う際に犬の体内に帰ってきます。

これが犬の体内でまたすくすくと育ち、肺・心臓でフィラリアの成虫になります。

こうしてフィラリアは子孫を残しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに犬糸状虫という言葉はフィラリアの別名です。

ややこしいですね。

 

【フィラリアによって起こる怖い事】

さて、このフィラリア成虫が肺や心臓に感染した犬は

・呼吸が苦しくなる

・心臓の機能が低下する

などの症状に苦しむことになります。

また、大量のフィラリアが寄生し、心臓の機能が著しく低下すると[大静脈症候群]という状態になる事があります。

この病態では多くが2日以内に命を落とすことになります。

 

【その前に予防しよう!】

この怖いフィラリア寄生は予防するお薬が販売されています。

家族であるワンちゃんがフィラリアにかからないよう、定期的に予防を行っていく事をお勧めします。

 

しかし予防を開始or再開する前に気を付けることがあります。

フィラリアの成虫がすでに寄生している時に予防薬を使用すると、死んだミクロフィラリアが肺などの血管に詰まり危険な状態になることがあるのです。

 

【病院で検査&処方を受けるのが一番】

フィラリア成虫が寄生しているかは病院の検査キットで調べられます。

また、フィラリアの予防薬は安全性も比較的高い薬です。

しかしながら、犬種によっては不適切な量の予防薬を投与すると中毒を起こすこともあります。

 

なので、病院で検査を受けて適切な量のお薬を処方してもらいましょう!

 

【麻布ペットクリニックでフィラリア予防】

麻布ペットクリニックではフィラリアの検査・予防薬の処方を行っています

 

●夜間の診療:夜間診察時間中に検査・処方を行えます。日中忙しい方にオススメです。

○日中の往診:往診時に検査・処方を行えます。病院にペットさんを連れていく事に抵抗がある方にオススメです。往診のご予約はこちらから。

○預かり中に診療:麻布ペットでのホテル・トリミング預かりの間に獣医師が検査・処方を致します。ホテル・トリミングをご利用の方にオススメです。

LINEからはオンライン相談も行っております。

宜しければお友達登録お願いします。

 

 

 

予防できる寄生虫は他にもいます。

この機会に是非知ってみましょう!(クリックで記事へ飛べます)

SNSでもご購読できます。

メルマガ登録フォーム

麻布ペット 店舗情報

ご予約・お問い合わせ
9〜18時 年中無休

【ペットシッター】
03-6416-8286
【麻布店】
03-6277-7268
東京都港区麻布台3-3-14-1F
【代々木公園店】
03-5454-0877
東京都渋谷区代々木5-57-8-1F
【西麻布店】
03-5454-0877
東京都港区西麻布2-13-1-4F
【取材・営業のお問い合わせ】
 03-6416-8286

記事検索

コメントを残す

*