こんにちは!麻布ペット シッター管理部の湯本です。
一雨ごとに秋が深まっていくこの季節、皆様体調は崩されていませんでしょうか。

さて、今日は我が家の愛猫を紹介させて頂きます。
我が家には猫が3頭います。12歳のメインクーン、11歳の三毛、5歳のチンチラです。

三毛娘は11年前の7月、道ばたで行き倒れていました。人間なら4~5歳の小さな子。
お母さんともはぐれてひとりで何日か過ごしていたようで、放っておけず連れ帰りました。

獣医さんにつれて行くと、小さな子猫はもう死んでしまうかもとの診断。
とびきり可愛い名前を付けて見送ってあげようと、珠(きらら)と名付けました。
が、その後すくすくと成長。一番小さい体ながらも元気いっぱい、わがままいっぱい。
ケンカの実力でも長毛種たちを従え、世帯主のおとうちゃんすら従える我が家の最高権力者にのし上がりました。

2~3年ほど前からさらに自己主張が激しくなり、人間が会話していると自分も間に入って、にゃぁにゃぁと会話に加わります。
抱っこが大好きで作業中も膝の上に飛び乗り、伸び上がって顔を舐め抱っこを要求、さらに撫でないと手を伸ばしてきてぱりぱりひっかきます。
横になって読書やスマホをいじっていれば、その隙間に入り込んできて香箱を組んだ上にぱりぱりしてきて「撫でてよ!」と強制。
一方、私が落ち込んでいると顔をペロペロ舐めてくる優しい一面もあります。舐めまくられるので基礎化粧品も塗れません。

とにかく行動が人間くさくなってきて、昔の人が猫又なんて妖怪を思いついたのも納得がいきます。
もうおばあさんの年齢にさしかかってきましたが、しっぽが2本になってでもずーーっと一緒に居たい、可愛い子です。

 


寝るときは真夏でもおかあちゃんの側。気がつけば「*」が迫ってきます。


仕事中の膝の上。ワンピースのハンモックでご満悦。撫でないとぱりぱりされます。


実力行使で仕事を阻害。

以上、親ばかを炸裂させて頂きました。
朝夕はめっきり涼しくなりました。気温差も大きいことから、みなさまも体調にはくれぐれもご留意くださいませ。

麻布ペット